2024/06/15

革ツナギ洗濯 後編

Image1_20240615132801

革ツナギ洗濯の後編です。

自分はどうやったかってことなんですが、
 
①洗濯方法
 写真の通り、洗濯機で洗濯ネットに入れて洗いました。水量は60Lにセットして、1度にぜんぶ洗剤入れました。洗濯機の設定はソフト。すすぎは2回、脱水は長めの9分にしてみました。すすぎのタイミングで柔軟剤をいれてみました。
 
②洗剤
 洗剤は通販で買った100ml 1000円くらいの一番安いヤツ。水50Lに50ml入れるように書いてあったので、設定の倍の量を入れた計算です。

③パッド類

 取り外そうとしたんですが、肩、肘、膝は加水分解のため、ほぼ粉状態。掃除機で吸うことに。(^^;;

コブは取り外せました。それとメッシュのインナーはファスナーの端が固着していて外せませんでした。

 

Image0_20240615132801

なので、パッド類を取り外した後に、元のように戻して洗濯しました。

 で結果を言うと、かなり黒い水が出たけど、肩のシルバーの部分や首後ろの白い部分は、さほどキレイにならなかった(笑)というのが結果でした。

④保革

 陰干しとクリームですが、クリームは野球のグローブ用のヤツがあったんで、それを使いました。結構高いヤツで、クリームと言うより、ゲル状ですごく塗りやすかったです。洗濯後数時間経った半乾きの時に塗り込みました。
 そして、屋外のバイク置き場の屋根の下に吊り下げて一晩干しました。
 
 こちらの方は革の柔軟性は保てているかな、というところです。(今のところ)

 きっとこの後、カビ易くなったとか、障害が出るかも知れませんが、このくらいなら、自分で洗濯するのもありかな、というのが感想です。 

 

| | コメント (0)

自動販売機 その2

Image0_20240615132601

焼きいもの自動販売機を見つけました。
今度買ってみよう(^^)

| | コメント (0)

2024/06/09

革ツナギ洗濯 前編

Cide827160b630040d58837f6ebc370e5e1l0001

 

先週久々のサーキットで、経年劣化劣化が明らかになった革ツナギを洗濯してみました。

 ネットで検索してみると、結構な方が、革ツナギクリーニングが高価な為に、自身で洗濯していることをブログで書かれてました。

 それを参考にすると、

 ①洗濯方法

   ②洗剤

 ③パッド類の取り外し

 ④洗濯後の保革

をやれば、何とか出来そうかなということと、クリーニングしたら約2万ということもあり、先立つモノには勝てず、やってみました。

 こらまでに、雨の中走って濡れたこともあるから、今更、水に浸かるのを躊躇っても遅いっちやあ遅いんですよね。

 以下は参考メモ。3-4件のブログ記事情報です。

①洗濯方法

 浴槽使って足踏み洗いや、洗濯ネットを利用して、家の洗濯機をつかったり、コインランドリーの方もいました。

②洗剤

 革用洗剤を通販で買っている方が多かったですが、通常洗剤や重曹、柔軟剤(アクロン)のみ使っている方もいました。

③パッド取り外し

 膝、肘、肩パッド、バンクセンサー、インナー、背中コブは取り外しする。外したパッドは加水分解して使えなくて、買い換えという方が多い。買い換えはコミネのパッドが汎用性が高くて、安くて良いみたいですが、サイズ合わせてのためにカットしたり、サイズが合わないので、高い純正を買う方も。

④洗濯後の保革

 クリームは完全に乾かないうちに塗るのを推奨する方がいる。クリームはミンクオイルが多いけど、ニベアクリームの方も。

とこんな感じでした。

それで、大体の人が、洗ってみると真っ黒な水になって、結構キレイになったって書かれているんですよね。

 

 ホントかなって思いつつやってみました。

 

人気ブログランキングでフォロー

| | コメント (0)

2024/06/06

経年劣化

Image0_20240606205101Image1_20240606205101


先日のサーキット走行会から帰宅して、マテリアルを片付け始めたら、いろんな不具合が明らかになりました。

 

 ツナギからは黒い塊がゴロゴロと出てきました。これって、ツナギの内側にあるパッド部分が加水分解で、バラけたやつなんでしょうね。

 

 このツナギで走り始めてから20年くらい。革の方は手入れをしているんで、カビも生えずにツヤツヤなんですけど、内側はこんなに劣化してたんですよね。その分ウエアに余裕は出来て、着易くはなってますけどね(笑)

 

 ブーツもくるぶし部分のパッドがとれちゃって、、このブーツはそんな古くないと思ってたけど、それでも数えたら10年モノでした。

 

 自分の感覚(記憶)では、「最近」ってイメージでも、確認すると、実は10年以上が経っているってことが結構多くて、マテリアルもこの前、買ったばかりと思ったら、既に経年劣化していました。

 

 自分ら世代が、昭和はついこの前って感じているのと同じですね。

 今を生きるためには、更新(アップデート)が必要って感じる出来事でした。

 

 12Rもボチボチなのかなぁ。


   

| | コメント (0)

2024/06/04

幸田サーキット

Image0_20240604084901Image1_20240604084901

12Rクラブの走行会で、愛知県の幸田サーキットまで行ってきました。

 久しぶりのサーキットでドキドキですけど、貸切の走行会なんで、ツナギを着用せずに走ることも出来て、自分にはピッタリでした。   

 と言っても、昔のツナギをひっぱり出して、着ていきました。  

 最初は恐々でしたけど、上手い人に抜かされて、その人の走り方を真似するように走って、昔の感覚が戻ってきました。       

 久々に端までタイヤを使えて、大満足でした。やはりこう言うコースを走らないと感覚はどんどん鈍っていきますね。  

   「運転の仕方は覚えているけど、乗り方は忘れちゃう」   

 今回は、乗り方を思い出せたひとときでした。しばらく余韻で楽しめそうです。

 

| | コメント (0)

2024/06/02

サーキット準備

Image1_20240602100101
久しぶりにサーキット。 今回のサーキットは中部地方の小さなサーキットで、12Rクラブの走行会です。 楽しみ😊

| | コメント (0)

2024/05/28

自動販売機

Image0_20240528182701

 

 先日、自動販売機でお茶を買おうとしたら、お金を入れたのに、そのお金が詰まって、モノが買えないと言う事態になりました。
 そこに、偶々宅配便のお兄さんが、立ち寄って、「自分が100円を入れて、詰まっているお金を押し出すよ」と言って、硬貨を入れてくれました。すると、その硬貨も詰まってしまって、、
  
 結局お兄さんは100円を諦めて、他の自販機へ立ち去って行きました。
 僕は、そこに書かれていた、フリーダイヤルに電話して、自分が投入した額は戻って来ることになったんですが、気になるのは宅配便のお兄さんが投入したお金です。
 こう言う不明金ってみんな、自動販売機の会社の雑収入として、整理されちゃうのかな、と言うのが、気になった訳です。

 

 で、僕がオペレーターのお姉さんに提案したのが、「そのような額を明確に示して、世のためとなる何かに寄付したら」という事。
 良いと思うんだけどなぁ。ダメかなぁ。小煩いオヤジの独り言でした。

 

| | コメント (0)

2024/05/23

雨男

Image0_20240523205801

 平谷村ツーリング2日目。

 なんと朝から雨!昨日の天気予報では晴れだったのに。自分の雨男っぷりに感心しました(笑)

 カッパを着込んで、デッパツしました。高速道路の割引の関係で、伊北まで下道を約100キロ走って中央道に乗りました。  

 その頃には雨も止んで、車も少なく、いい感じで12Rの性能実験が出来ました。  

 交換したオーリンズは昨日までは、3つの調整機能を全て最弱にしていて、イマイチの感触でしたが、今日から少し強度をあげたので、そこそこいい感じになりました(プラシーボ効果とも言う)。   

 あっというまの伊北→高井戸でした。    

 今日は、帰宅後、4日目ですが、ツーリングの余韻、感触がいい感じで残っています。次のツーリングの準備を始めます。


| | コメント (0)

2024/05/20

地図の無いツーリング(長野県平谷村)

Image0_20240520162301

毎年恒例の現地集合、現地解散ツーリングに参加してきました。

このツーリングを説明すると長いんで、興味のある方は当ブログの過去記事みてください。

http://ikkyuu.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_34f1.html


今回は浜松市の北側、恵那の南側という微妙な位置の平谷村というところが、集合地点です。中央道で行くか、東名で行くか、はたまた下道で行くか、様々な選択の中から、行は東名を選択しました。この集合場所が発表されてから約2か月。随分といろんなルートをストビュー見ながら検討しました。

それに加えてツーリングマップがあれば、当日は万全のつもりでしたが、見事にツーリングマップを忘れてしまいました。今の時代、スマホあれば何とかなるという話ですけど、目的地は行きつけるでしょうけど、途中の様々な見どころ、名所はやはり紙媒体の地図ですよね。

で、それを忘れたんで、自分のイメージは途中寄ろうと思っていた掛川の「事任八幡宮」よって、そこから西に向かって、天竜川超えたら北上するくらいです(笑)

地図がないのに気が付いたのは、東名で今回ツーリングに参加の赤影さんに出会ってから。とりあえず、高速の割引が有効な西端の焼津ICを目指します。そこから降りて、1号線で西に向かって、掛川あたりで、1号線はずれて、スマホで位置確認するイメージです。

Image1_20240520162301

ということで、事任八幡宮に到着できました。ここ小さい神社なんですけど、枕草子に出てくるそうで、僕はテレビで見て行ってみたかったんです。

そこからはチョー適当なルート選定で、天竜川渡ったら、右(北)に曲がって、山を目指せばいいんだよなってくらいでした。

Image2_20240520162301

そんな中で発見したのが、このスポット。「あれ、どこかで見たことあるな」とふと思って立ち寄りました。「月に行ってきます」というセリフとともによく投稿されている、偶然見つけた、映えスポットでした。

Image3_20240520162301

とにかく天竜川沿いに北に向かって、適当なところで、左(西)に行けば到着できると思って、R152を北上しました。天竜川は穏やかできれいな川でした。途中、かなり道も細くなって、大丈夫かなと思える瞬間もありましたが、特に写真をたくさん撮ることもなく、なんとか3時半頃に現地到着。あとは温泉と宴を楽しみました。

細かく、準備して事前に決めた場所を回るのも良いですけど、心と時間に余裕があるならば、何も決めずに行ったその場所を楽しむツーリングもいいもんですね。(って結果そうなっただけですが、、)

 

| | コメント (0)

2024/05/05

GSX1100SBE

Image3_20240505160301

懐かしいバイクを見かけました。
 

    GSX1100S
 
 

いわゆる1100カタナですけど、このバイクは1986年に横浜のバイク輸入業者の成和モータースから売りに出された500台限定(あとから調べると240台)のカラーリングの
   

GSX1100SBE    というモデル。 

   

場所はなんとキリンがポルシェとのバトルの末に吹っ飛んだ東名高速由比!のパーキングエリア。

特徴は赤のフロントフェンダー、赤シート、赤抜き文字でSUZUKIと書かれたタンクに赤フレームです。(他にもあるかも)

 

 実は自分が最初に買った大型バイクなんです。懐かしくて、オーナーに思わず話しかけてしまいました。オーナーは30〜40くらいの現役のカタナを知らない世代の若者でした。成和モータースとかワードを出しても、「それ何?」ってな感じで、単純にカタナを買ったらたまたまこれでしたってな感じでした。

 自分の乗ってた奴かなって思って、特徴を確認しまくっちゃいました。オーリンズのサスやフロントブレーキのリザーバータンクは、自分がやってた改造と共通なんですけど、綺麗すぎ! タンクはアルミで作り直しているとの事でした。
  
 でも勝手に自分が乗ってたカタナが会いにきてくれたんだなって思い込む事にしました。 実は25年ほど前にカタナを売った時も、売却後、1-2年した時に、偶然に出会ったんです。今回もその再来かなって。

 

なんか昔の彼女にあった感じですね。綺麗なっていて、幸せそうで良かったなと思えた瞬間でした。

Image2_20240505160301  

写真は1988年の一休

| | コメント (2)

«オイル交換メモ