« ライダーとバイカー | トップページ | 箱根ターンパイク »

2004/12/11

バイク乗りの社会的地位

が20年程前はよく雑誌(ミスターバイク等)とかで話題になっていたと思う。日本はバイク乗りの地位が低いってよくいろんな人が書いていた。そうかなぁと思いつつ、そうなんだろうな程度に思っていたが、先日ヨーロッパに行ったときにその事を実感した。

ヨーロッパはバイク乗りの地位が確立されているように僕は思えた。その理由を推測すると、簡単にいうと

日本はライダーが多くて、ヨーロッパはバイカーが多いのかなって。
日本はバイクに対する税制やら通行区分やらで差別されたとしても、ライダーが多くてバイカーが少ないから、本気で怒る抵抗勢力が少ないのでは?所詮趣味の世界の道具という扱いにされちゃう。一方ヨーロッパではバイカーが多くて、それぞれ生活と関係しているから、車社会にあってバイク乗りが主張してきたのではと思う。

まぁ、だからどうしたってことなんだが、バイク用の有料駐車場って日本ってないんだよね。4輪と同じ金払うからとめさせてくれと言っても断られることがほとんど。とめる場所が提供されていない中で、駐車禁止だけは取り締まるんだよな。で、ロンドンの都心でバイク用パーキングを発見してそんなことを考えたというわけ。

|
|

« ライダーとバイカー | トップページ | 箱根ターンパイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライダーとバイカー | トップページ | 箱根ターンパイク »