« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

痛い!

 朝起きたら背中が少し痛いと思った。我慢できるんでいつものようにチャリンコ漕いで電車のって会社に行った。電車を降りる頃には痛みがかなりひどくなっていた。正確には右側の広背筋が肉離れになっていると想像された。

 原因を考えてみた。おそらく前日の水泳だ。ほぼ毎週2キロ程度を泳いでいるのだが、今回は2週ほど開けてしまっていた。泳ぎ始めたときに「水に乗れていないな~」と感じていた。そこに同じコースに猛烈に速いあんちゃんが現れて、僕はそのあんちゃんに追いつこうと実力以上の力でストロークしていたのだ。

 要は準備運動不足と年のせいだ! ちくしょーもっと体をいじめてやる!
 

 

| | コメント (0)
|

2005/02/26

本日スポ走行あります

というのが電話でモテギに問い合わせた結論だった。
なんか、寒くて気乗りしないが、準備をして出かけた。つなぎの下には防寒タイツに上はジャンパーを羽織って、実際走るとそれほど寒くはない。

快適に首都高を飛ばして、常磐に入った。タコメータで5-8000rpmで走り続けていたら、谷田部を越えたあたりで異常に気が付いた。

「エンジンがふけない!?」

 8000rpm以上ふけなかったが、アクセルを戻すと今度は5000以上ふけない。なんかこのまま止まっちゃうのじゃないかなって不安になるが、とりあえずエンジンは動いている。スピードがぐっと落ちて走行を続ける中、原因を走りながら考えた。

 一方で、もともと気乗りしないで出かけたから、いざ障害があると「もう帰ろう」っていうへなちょこな気持ちが芽を出してくる。

 結局僕はへなちょこ野郎になってしまった。千代田石岡で折り返して、結局帰ってきた。

 走りながら考えた不調の原因は
「車検の時につけられたインナーバッフルが悪さをしている。排気効率が下がってエンジンがかぶっている」などだ。
とにかくかえってバッフルをはずさなきゃ。不安に包まれてなんとか帰ってきた。

 マフラーをはずして驚いた。なんと石ころがマフラーから出てきた??????
よくよくみるとなんとインナーバッフルが砕けたものだ!
20050226_008

 これが原因か~。一部は砕け散ってもうどこかに吹き飛んだのだろう。残っているのは1/3くらいだった。
走れなかった理由がこんなくだらんことなのかと思うと、なおさら自分のへなちょこ加減に嫌気がさしてきた。

 整備して3京を流してみた。やっぱ吹けがいい。そうだよな12Rってこういうバイクだったよな。またしてもワクワク感がよみがえってきた。へなちょこ気分を少しは晴らしてくれた。

| | コメント (0)
|

今日はあるのか?

本日モテギスポーツ走行はあるのか?
モテギからは午後分は当日9時半時点で判断と連絡がきたが・・・。

| | コメント (0)
|

2005/02/25

そんなにいいかな

こんな記事
がヤフーのトップページのニュース見出しに出ていた。
ヤフーのトップに出るってのがスゴイと思ったが、そうか12年も連続で一位なんだと感心した。

出た当時はスゴイと思ったけど、僕は一度もこのバイクに乗ろうと思ったことはないな。なぜだろう? なんか魅力を感じない。やっぱ自分はヨーロッパ系なのかな。どっちかといと車の志向もそうだしな。などと考えさせられた記事だった。

それにしても、VMAXが最初に出たときのインパクトってすごかったな。

| | コメント (0)
|

2005/02/23

春一番が今日吹くというので、実は仕事の合間に会社の窓から表を眺めるようにしてみた。
うちの会社は窓が開かないので、その時開かない窓から外をみて初めて気がついたのだが、風がわかる物体が窓からは見えないのだ!

風になびく木々など見えないのだ。窓から見えるのはビルビルビル。 よくよく探すとかろうじて端っこの方にちょっと街路樹が風になびいているのが見えたり、中古車売り場にある旗がはためいているのがわかったくらいだ。

都市にあっても四季を感じることのできる環境は重要だなと思った

| | コメント (0)
|

2005/02/22

風邪

が最近流行っているらしい。
僕の周りの人でも風邪の人が出始めている。

 実は僕はめったに風邪をひかない。ここ20年くらい寝込むような風邪をひいたことがない。
ときには「やばいこりゃくるなぁ」と思うときもあるが、そんなときは大体葛根湯を服用するか、暖かくして寝てしまえば次の日の朝は普通になっている。

 そんな僕は「バカは風邪ひかない」ってことわざから、自分はバカなんだぁと妙に納得している。風邪をひけたらちょっとは嬉しいかもしれない(こう思うところがバカだ)

 いつか寝込むような風邪をひいてバカでないことを証明したいと思っているが、どうやらこの冬もその証明はできずにおわるようだ。

 明日は春一番が吹くらしい。

| | コメント (0)
|

2005/02/20

ジム

に行った。いつも行っているのとは違う駒沢公園にある都営のジムだ。2時間450円ってのはちょっと高い気もするけど、まぁよし。僕は大した運動もせずに、背筋、腹筋を中心に筋トレした。

 駒沢公園って、数十年前にオヤジにつれられて行っていたけど、改めて行ってみると、なんかジョギングしている人と犬の散歩の人ばかり、時代の流れを感じた。深く帽子をかぶって走っている人は芸能人かなってチェックしたりして。

ガキの頃、ブタ公園とリス公園によく行った。今も変わりなくその公園があるのが懐かしかった。

| | コメント (0)
|

2005/02/19

役目

ものにも人にもそれぞれ与えられた役目があって、その役目が終わったときにその幕を閉じるように僕は常日頃思っている。
 
 今回、車に関してそれを感じた。僕乗っているのはもう9年も前に買った銀色のセダンだ。実はこれは僕が一番最初に新車で買った車で、買った当時はそのとき付き合っていた彼女と毎週のように郊外にドライブに行っていた。買った理由も助手席にエアバッグがある車がほしいなぁというのが理由だった。しかし、そういう関係は2-3年で終わってしまった。
 
 それからもう何年もたったし、そのときの彼女は結婚し、僕も別に所帯を構えることになった。先日、その車の心臓部に近いところが壊れて、まぁ年数がたっているというのも当然あるが、僕は車を買い替えモードになっている。
 
 きっとその銀のセダンは僕にいろんな人との付き合いについての何たるかを考えるきっかけ与えてくれたのだろうと思っている。その役目を今閉じようとしている。きっとそのセダンはこれからまた他の人の手に渡り、新たな役目を負うことになるのだろう。
 
 もし新たな役目をそのセダンが負う事になるのなら、最後にきれいに磨いて送り出してやろう。お疲れ様、どうもありがとうって!

| | コメント (0)
|

2005/02/16

イメトレ

してみた。
電車の中でモテギ一周のイメトレをしてみた。
第1回目は3分30秒
第2回目は2分24秒
第3回目は2分16秒だった。まぁこんなもんかな。2分10秒を目標にもっとイメージを明確にしていこう。

| | コメント (0)
|

2005/02/15

妙高

skiへこの連休スキーに行ってきた。いや~いろいろと事件があった。
久々に乗ったスキーはやはり練習しないとだめだなと実感させられた。一緒にいった仲間にアドバイスをしつつ、アドバイスしている内容を自分が実践できていないことがわかった。(恥)

左足の荷重が弱いんだよね。踏み換えるときにどうしても左足が少しずれてしまう。
もっと練習しなくちゃな。

| | コメント (2)
|

2005/02/13

なんとか

応急処置で走ることだけはできるようになった。

二日目。スキー場で携帯がなった。どうやら車屋さんの配慮でとりあえず走れるようにはなるらしい。なんでもコンプレッサーをはずしてファンベルトを取り回すことで走れるらしい。
夕方引取りに行った。

| | コメント (1)
|

2005/02/12

事件

車が壊れた〜。

妙高杉野原スキー場でおもいっきし滑った。天気はちょっと曇りだったが、まぁ満足。
滑り終わって駐車場で車のエンジンをかけたら、ボンネットから黒煙が・・・。社内は焦げ臭い匂いで充満。

JAFのお世話になってしまった。原因はコンプレッサーの焼きつきだそうだ。くるまを新潟において帰ることになりそうだ。あと二日あるが、スキーは楽しまなきゃな。まぁまた新潟にこれるということでよしとしよう。

| | コメント (0)
|

2005/02/11

寒っ!

スキーで新潟にきた。底冷えする。
木曜の深夜から高速を飛ばしてきたけど、途中、意識が落ちること2回(笑)
車中のみんなはすやすや寝てるし、ドライバーはつらいっす。

| | コメント (0)
|

2005/02/10

ファン

ってどういうのを言うのだろう?
 昨日のサッカー北朝鮮戦をみて、フランスW杯の予選のことを思い出した。実は僕は過去に(にわか)サッカーファンとして凄く後ろめたい経験をしている。
 
 時は1997年。フランスワールドカップの予選だった。日本はドーハの悲劇を経験したメンバーもある程度は残りつつ、ワールドカップに自力で出場しなければならない最後のチャンスとして加茂監督のゾーンディフェンスをもって試合に臨んでいた。もう詳細は忘れてしまったが、確か、中央アジア(?)のどこかのチームにホームで負けてしまいフランスへの出場が風前の灯火となってしまっていた。選手のふがいなさに腹を立てたファンは試合後にいすを投げたりして、KAZUと口論になったり、加茂監督は更迭になってしまいとぼろぼろの状態であったように覚えている。

 多くの日本人はもうだめだと思っていたような風潮があった。次の試合はアウェーの韓国戦で、過去の戦績でいうと日本がアウェーで韓国に勝ったことはほとんど無かったという状態だったと思う。

 そこで僕はもうだめだと思い、日本代表の選手を見限ってしまった。僕の友人のうち何人かは日本を応援するために韓国に行ったのだ。

 結果、日本は絶対不利のアウェー戦で韓国に歴史的勝利をしたのだ。

 自分の都合のいいときだけ応援して、いざ選手がつらい状況に追い込まれてしまったときに選手を見限ってしまった僕は、ほんとに後ろめたい思いをした。なぜ選手を信用できなかったのか。選手がつらいときこそ応援するのがファンだろう。ファンはときには選手のために選手に厳しく対応し、時には選手を励まして、選手と一緒に成長していくのではないだろうか。そのとき本当に反省させられた。
 
 今回の予選。結果はどうなるかわからない。決して驕ることなく、ひるまず、地道に応援していきたい。

| | コメント (0)
|

2005/02/09

アラビアのロレンス②

ロレンスの残した言葉で有名なのに

『スピードの中で精神は肉体を超越する。』

という言葉がある。この言葉は多分週間プレイボーイに1980年頃に連載されていた「ケンタウロスの伝説」という中で最初に出てきたように記憶している。その後にミスターバイクでもロレンス特集を契機にこの言葉を使っていたと思う。

なんかバイクって野蛮なイメージがあるから、ちょっとこだわりをもってバイクに乗っているという哲学をアピールするには、この意味不明な言葉は最適だった。(笑) おそらくこの言葉を口にしたライダーの大半は意味もわからずにカッコつけで使っていたのでは・・。

 実は僕はいまだにこの言葉の意味がわからない。わかりかけたような気がしたときもあったけど・・結局はキチンと人に説明することができないし、さらにいうと漫画や雑誌で見ただけで、結局のところロレンスが書いた原書を見たことはない。

 バイクに乗っていると人から色眼鏡で見られることが多いし、逆に色眼鏡で見られたい、目立ちたいというライダー本人の潜在意識もあるのかもしれない。だからこそ、バイクに乗った後から、乗っている理由を世間様に正当化するために、またカッコつけのために、なんやかんや理由とここだわりとかを付けたがるところがあったりする人も中にはいると思う。

 僕もカタナに乗っていたときは、ある意味、カタナという特殊なバイクでいい気になって理屈をこねくりまわしていた時がある。バイク界では「キリン」が大流行で、その点からもカタナやZに乗っているだけで僕のような小僧(当時)でも一目置かれた時だ。

 まぁ、それもいいのだけど、バイクなんて趣味で乗るぶんには楽しいのが一番だと思う。楽しければ理屈はいらないんじゃないかと。

 人生で最初にバイクに乗ったときのことを、車種なんて関係なくただ動いただけで楽しかった感動を思い出そう!

| | コメント (0)
|

2005/02/08

マフラー

mafuraa昨日、以前乗っていたブラックバードのマフラーをヤフオクで売った。
もう、持っていてもごみになってしまうので、格安の値段で出したら、ほんとに格安の値段で落札されてしまった(笑)

相手の住所をみたら近所の方であったので、梱包の手間を省くために直接もっていってそのかたと話す機会を持った。なんとその人は’98ブラックバードのマフラーを’96CBR900に取り付けようとしていることがわかった。

ほんとか~!話を聞いているとエキパイの径は同じとのことであったが、径が同じならつくってわけじゃなかろう!
その発想にほんと驚いた。どの程度の目論見で可能と考えているのかもっと聞いてみたかった。

 完成したら実車を見てみたいな。

| | コメント (2)
|

2005/02/07

自転車通勤でわかったこと

tyariがいくつかある。
①今朝ちょっと暖かいと思った。
 我が家は山の上にあるのでスタートと同時に下り坂になる(その分帰りは上り坂だが)。先週までその坂で顔に当たる風が刺すように痛かったのだが、今日は痛くなかった。

②いつも同じ時間に同じ人と会う。
 多摩川サイクリングコースであう人(出会う順)
 ・ジョギングの学生
 ・ジャージ姿でチャリを漕ぐおじさん
 ・ジョギングのかわいらしい女学生(運動部の女子大生と推測)
 ・足の不自由なおばさん
 ・チェレステビアンキのおじさん(いつも僕が抜き去る)
 ・XJR1300(マフラー改造)の兄ちゃん
彼らによって自分がいつもと同じ時間帯かどうかを判断できる。

③音に耳を澄ますことができる
 以前に近所で狸らしき動物を見つけた場所で、今日草むらの中をがさがさ動く音を聞いた。
 狸にあえるかも知れないと思ったら楽しみが増えた。

今のところ順調なチャリ通です。

| | コメント (2)
|

2005/02/06

整備

先週車検から戻ってきて、そのままになっているのを少し通常の走行状態に戻す簡易な整備(?)を行った。

①シールドをノーマルからMRAへ
②ライトスイッチストッパーの取り外し。
③P-LAPの取り付け

マフラーはバッフルをエキパイ部分とサイレンサー部の2箇所に取り付けられてしまったが、当分このままでいってみようと思う。若干レスポンスが落ちた気もするが、まぁよかろう。よーく見るとスウィングアームにチェーンオイルの飛び散りがあった。おかしいなぁ。車検前にスウィングアームは磨いておいたのになぁ?まさか車検時にいたずらされて無いよななどと思いながら、しこしこ整備した。

今後乗れるのは2月の末かな?

| | コメント (0)
|

新宿

昨日ひさびさに新宿に行った。

人ごみ恐怖症(?)の僕としてはもうひきつりまくりだった。

なんか歩いている人みんなが何か悪いことを企んでいるのではないかという錯覚に陥った。外人なんかいたらこいつは絶対裏で犯罪に関係しているなどと妄想を抱いてしまった(笑)

横浜の人ごみだとそんなことを感じないのだけどな。

スパイバウンドという映画をみて、家に帰ってからはDVDでミッシェルヴァイヨンという映画をみた。どちらもフランス映画だったが、なんか自分はフランス映画よりも単純なハリウッドものの方が楽しめるなと思った。

| | コメント (0)
|

2005/02/05

僕のバイク歴⑦DJ-1

今年の初めにバイク歴⑥まで書いて、⑦を書くかどうかは迷っていたが、もうネタがないので書くことにした(笑)

VT250Fを売ってから、1年間バイクが無かった。1年のブランクを待って大学が決まってからすぐに近くのバイク屋に行ってこのバイクを買った。実は受験勉強をしていたときに友達のJOGのフルチューン(80cc)を乗らせてもらって、速い原チャリはかなり面白いと感じていた。

 DJ-1を買ってからすぐに僕は北海道に渡ったので約1ヶ月後にDJ-1を北海道に持ってきた。
DJはほんとに楽しいバイクだった。当時僕はカタナとDT125とDJの3台を所有していて、メインバイクはカタナだったのだけど、友達からはDJに乗っているときが一番生き生きしているなどと言われていた。DJはいわゆるアクロバチックなテクニックが全てできた。ウィリーにジャックナイフ、アクセルターン、しまいにはマックスターンまでこのバイクでできた。原チャリでもマックスターンができるというのは自分でも驚いた。大学の駐輪場には僕がやったアクセルターンで黒くて丸いあとが何十箇所とあった(笑)

 DJ-1では峠も攻めに行った。札幌と小樽の間に朝里峠というところがあり、ここは当時低速コーナーが連続するところがあり、そこがメッカになっていた。くだりでRZ50を追い詰めた僕はセンタースタンドをこすりながら、このままセンタースタンドを削りとってしまえとばかりに更にバンクさせてスタンドに乗り上げて転倒。そのときの肘の擦り傷跡がいまも残っている。数年前に北海道に行ったとき、車でこの道を走ってみたのだが、新しいバイパスが完成していて、僕がコケた道は裏道になっていたようだ。

 アパート裏に留めてあったDJはあるとき盗まれてしまい幕を閉じた。残念だったが、十二分に楽しんだし、こんなもんかなってあきらめて1年弱がたったとき、友人から「お前のDJが警察署にあるぞ」って言われた。実は盗まれた直後にすぐに見つかって警察に保管されていたよなのだが、登録が東京の時のままだったので僕のところまで連絡がこなかったようだ。友人は東京ナンバーのDJを見つけて僕のとわかったようだ。

 もどってきたDJは結局かなり壊れていて、修理代を捻出できない僕は途方にくれていたが、友人が大学構内専用バイクにするということで引き取ってもらった。ちょうど北海道を去るタイミングともぴったりあったのだ。

 

| | コメント (2)
|

2005/02/04

立春

だそうだ。昨日節分のことを書いたから、あたりまえだが。

 何十年か前の立春の2月4日に亡くなった旧日本海軍参謀の話をテレビでやっていた。「その時歴史が動いた」だ。NHKは今いろいろ騒がれているが、番組の作りこみは民放にはまねできないところがある。歴史系の番組のもう数十年前からスゴイものを作っていると思う。何より取材がスゴイと思う。

 すっかりNHKのかたをもってしまったが、その番組の中で軍隊の話がでており、「作戦の内容を全員が理解して行動することが肝要」というような話をしていた。ある作戦について命令が右を向けだとしても、その作戦の本質的な意味を理解して、その本質を達成する行動が左を向くことならば、左を向く行動を隊員がとるという意味と僕は理解した。

 なんか流れに任せて、動いてしまったほうが簡単だが、自分がなぜそれをするのか、よく考えて行動するということは重要とわかっているつもりだが、実際の行動を持続することは難しい。仕事も、遊びもだ。

 僕はよくそんなことをことあるたびに考えているのだが、テレビとか本とか映画とか、日々こういう外的な刺激がないとモチベーションの維持っての難しいな。今日はひとまず、そんなテレビをみて少しでも考えたことでよしとしておくかな。

| | コメント (0)
|

2005/02/03

節分

季節を分けると書いて節分。まめをほぼ40個食べた。
2月って季節はここのところの天気の状況からわかるように、まさに真冬だ。でも、その真冬の中で、春に向けた動きを感じるのも2月だ。冬至までは日は短くなる一方だが、冬至を過ぎてじょじょに日が伸びてくる。2月はすっごく寒いが、寒さの中にもすこしづつだが、日が伸びていくのが感じることができる。だからこそ、春に向けて頑張ろうって気がしてくる。
 今年も早くも一月が過ぎた。というわけで、今月も頑張りましょう!

あ~。今週末モテギに行きて~。

| | コメント (0)
|

2005/02/02

盗難保険

を更新した。既に12Rも5年目か。盗難保険は3種類あって、13000円の掛け金で30万円まで補償、19000円で50万円まで、29000円で80万円までというものだ。いい加減12Rの査定も相当下がっているだろうと19000円コースかと思って、査定額を聞いてみたら、'0012Rの査定額は71万とのことだった。僕の12Rがそれほどの値段になるとは思えないが、しょうがね~なと思い、今年も29000円コースに入った。でもこれって保険屋の作戦かな。
 29000円の出費は痛いが、過去の苦い経験を生かさないとな・・。


| | コメント (0)
|

2005/02/01

自転車通勤その後

昨日、自転車通勤のことを書いたら予想以上に反響があった。
①ばらまるさんからコメントを頂いた。
→ 話の中に出てくる同僚だし、予想はできた。
②DATOMIさんからもコメントを頂いた。
→ 意外であった。DATOMIさん僕のブログ見てくれているんですね!モテギ以外でもよろしくってな感じです。
③会社の普段ほとんど会話をしてない人から「自転車で来てんだって?」と言われた!
→全く予測不能であった。会社の誰かに話しているわけじゃないのに・・。だれか僕のブログを見ている人からの情報か?それにしても速い反応だ。

結構、僕のブログを見ている会社の人っているかも知れないなぁ。と思いつつ。いや~わが社はいい会社だ~。などと書いてみる(笑) (ほんとにそう思います。でもいつまで存続するか・・)

| | コメント (7)
|

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »