« 節分 | トップページ | 僕のバイク歴⑦DJ-1 »

2005/02/04

立春

だそうだ。昨日節分のことを書いたから、あたりまえだが。

 何十年か前の立春の2月4日に亡くなった旧日本海軍参謀の話をテレビでやっていた。「その時歴史が動いた」だ。NHKは今いろいろ騒がれているが、番組の作りこみは民放にはまねできないところがある。歴史系の番組のもう数十年前からスゴイものを作っていると思う。何より取材がスゴイと思う。

 すっかりNHKのかたをもってしまったが、その番組の中で軍隊の話がでており、「作戦の内容を全員が理解して行動することが肝要」というような話をしていた。ある作戦について命令が右を向けだとしても、その作戦の本質的な意味を理解して、その本質を達成する行動が左を向くことならば、左を向く行動を隊員がとるという意味と僕は理解した。

 なんか流れに任せて、動いてしまったほうが簡単だが、自分がなぜそれをするのか、よく考えて行動するということは重要とわかっているつもりだが、実際の行動を持続することは難しい。仕事も、遊びもだ。

 僕はよくそんなことをことあるたびに考えているのだが、テレビとか本とか映画とか、日々こういう外的な刺激がないとモチベーションの維持っての難しいな。今日はひとまず、そんなテレビをみて少しでも考えたことでよしとしておくかな。

|
|

« 節分 | トップページ | 僕のバイク歴⑦DJ-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分 | トップページ | 僕のバイク歴⑦DJ-1 »