« 風の道 | トップページ | おめ! »

2005/05/22

都市の川

多摩川をチャリで走っていると、都市の川ってほんとに重要だと感じてくる。

①みんなが集える。
 バーべキュウやっている人がいたり、サッカー場、野球場があったり、自転車のったり。
②水があると憩える
 陰イオン効果とか・・。心が落ち着きます。また、水を使った遊びもできたりする。
③生態系がつながる。
 河川区域って何十キロにも渡ってつながっていて、都市内にこれだけ長いグリーンベルトがつながっている場所って他にないと思う。
④サイクリングコースで車に関係なく移動できる。
 結構ショートカットで近道だったり、信号に関係なく移動できるする。
⑤子供の環境教育に。
 自然が味わえる場所って都内にそんなにありません。

ざっと考えただけでもこんだけはある。自分も子供の頃、親父に連れられて多摩川に行って、ザリガニとったり、ボートに乗ったり、石が水面を跳ねることを知ったり、といろいろ教えてもらった記憶がある。

二子玉川とかって、既にそうなっているけど、川と一体になった街づくりって大切かも。

|

« 風の道 | トップページ | おめ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の道 | トップページ | おめ! »