« ブレーキ | トップページ | はまった »

2005/08/31

生き残り

毎年一回だいたい秋ごろに職場関連のバイク仲間とツーリングに行っています。

いつも一泊で宿泊地での現地集合、現地解散というのがルールです。僕の職場ってのはあんまりバイクに乗っている人がいないんで、その少ないライダーの交流を持てたらと思ったのが、ツーリングを企画したキッカケで、もう5年くらい続いています。

最近この会が、今年も一年ライダーとして生き残ったことを確認する会になっています。

「ライダーとして生き残る。」 

当然、事故とかで死なない、怪我をしないってのもあるけど、バイクを降りないって意味あいが強い。

年齢40歳くらいだと家庭があり、自分ひとりの自由ってのが相当限定された環境になってきている。そういう中で一人で楽しむ要素の強いバイクという趣味を継続させるって難しさがあります。

また女性の場合だと結婚やら出産やらってのがバイクを降りるキッカケに十分なりうるようです。

僕の場合でいうと、サーキットなどに走りに行ったりしているものの、ひとたび転倒などしようものなら、12Rの修理代は軽くウン十万になっちゃって、そんな額がとてもすぐに払えるような経済環境にはいなく、これは十分に降りるキッカケになると思います。

きっと家族や職場からは「ほら見たことか」攻撃を受けるに違いないです。(笑)

また、盗難についても同様です。以前にブラックバードを盗まれたことがあったけど、この時は一人身だったこともあり、盗難直後に12Rを注文したりできたもんですが、今はとっても無理。

今年のツーリングに声をかけるメンバーもみんな同様な環境なのだと思います。うわさではニンジャに乗っているやつがもう2年ほどエンジンをかけておらず、今回脱落する模様です。
でも、他のメンバーは今のところ、ライダーとして生き残ってこれています。

いつまでライダーとして生き残れるのか。いつまでこの会が開けるのか。

自分自身がどうなるかなんてわからないし、ずっと続けられるか自信もありません。
でも、生涯現役ライダーでありたいもんです。

この「生き残りの会」がずっと続けられたらなって思います。

|
|

« ブレーキ | トップページ | はまった »

コメント

ナコさんどうも。僕の持論なのですが、多分バイクってうまくなるより乗り続けることの方が難しいんじゃないかって思います。
「無事是名馬」って言葉がありますが、お互い事故や怪我に気をつけて長く乗れるように頑張りましょう!

投稿: 一休 | 2005/09/02 21:52

こんばんは。
私も父親にこの間乗ってることを告白したときに、まあこの先そんなに長く乗ってないんだろう。ってぼそっと言われました。
私はまだまだ乗り続けたいのになぁなんて思いながら、
思ってても出来なくなる事情もあるんだろうなーなんて思ってました。
でも、できるだけ乗り続けたい!!

投稿: ナコ | 2005/09/02 20:26

番頭さん毎度です。
確かに40近くになると自分の気持ちというより、周りの状況により降りざる得なくなる人が多いんでしょうね。
いつまで乗れるか分かりませんが、できるだけ乗り続けていたいもんです。

投稿: 一休 | 2005/09/01 19:08

おはようございます^^
確かに、自分一人の気持ちだけで続けられるものって減ってきますね。”生き残り”って実感です。 
周囲の理解を得て復活する人や、経済的に余裕が出来てからこの世界に入ってくる人もいるでしょうけど・・・

周りを探しても少なくなっているけど、20才の頃と違って40近くで降りる(降りざるをえない)奴は自分の意思とは別の理由が多いのだろうな。

投稿: 放浪番頭@home | 2005/08/31 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレーキ | トップページ | はまった »