« 映画バトン | トップページ | ひさしぶり »

2005/09/13

バイク嫌いな人

職場で昼休みにバイクの話になりました。

自転車の重要性を論ずるK氏の意見は主に以下の2点です。

①街を走るバイクはうるさい
②エネルギー及び環境保全の観点からバイクの実用面は無い

とのことでした、そんな意見を言われて、バイク乗りの僕としては少しも反論の余地はありませんでした。

僕の場合、或る程度うるさい(社外品マフラー程度)バイクでないと乗る気がおきません。音を聞いて感動したりします。また、ごくたまにですが或る程度法定速度を上回って走ることがあります。でないと眠くてしょうがありません。(自爆)

違法行為である以上まったく反論の余地無しです。

でも、なぜバイクを知らない人はこんなにもバイクを毛嫌いするのかなって思いました。他の趣味でも、若干法に反してしまうことや、人に迷惑をかけてしまうことがあると思います。それを肯定するわけではないですが、ことバイクになると、ちょっとしたことでも目くじらをたてて怒る人が世の中にはたくさんいます。

バイク乗りの中にでさえ、特定のバイクについては毛嫌いする傾向もあります。いわゆる自称正統派ライダーに暴走族のことを嫌いな人が多いように。

人には自分とは異なる異端を認めたくない何かがあるのかもしれません。ことバイクは音や、スピード感、不安定さが非日常的であって異端度合いが大きいのかもしれません。逆にバイクに乗る人はその非日常さや異端度合いが好きなのかもしれないなと思います。

大分話が飛びますが、バイクがどうのこうのって小さい意味じゃなくって異端を認める価値観ってのは今の日本に必要だなって思います。

|
|

« 映画バトン | トップページ | ひさしぶり »

コメント

kantenさんどうもです。
バイクを魅力を知ってもらうって重要だと思います。ただ、バイクを絶対嫌いって言う人は必ずやいると思います。そういう相容れない人を尊重しつつ、自分の価値観を大切にするということが重要だなって思います。

これが難しいんですけどね。

投稿: 一休 | 2005/09/16 00:58

べんのすけさん毎度です。
確かにべんのすけさんの言うとおりだと思います。暴走族のイメージが強いんでしょうね。でも実は僕は暴走族でさえ、異端として尊重すべきではないかなって思ってたりします。
 ようはどんな人に対しても思いやる気持ちをみんなが持つということじゃないかなって思います。でも、その上に胡坐をかいてしまう人が多いんですけどね。

投稿: 一休 | 2005/09/16 00:55

番頭さん毎度です。いつもコメントありがとうございます。ここでは、人を尊重さえしていただければ、何でも思ったことを書いていただければ嬉しく思います。気兼ねせずになんでも書いて下さい。

投稿: 一休 | 2005/09/16 00:49

kazuponさんはじめまして。
僕はkazuponさんとは逆で、最近はこれでも昔に比べると随分と異端(少数派)を認める価値観が出てきたんじゃないかなって思います。
ただ、まだまだだとは思います。

投稿: 一休 | 2005/09/16 00:46

小さな努力かもしれないけれど、周囲にバイクの楽しさを伝えてます。
「私は乗るつもりないけどバイクって楽しそうね」
おばちゃん達からこの言葉を聞いて嬉しくなりました。

どこで見られてるかわからないし、バイク乗ってる姿を安心して見てもらえるようにうまくなろうと頑張ってます。
私にはそれぐらいしかできないんだもん。

投稿: kanten | 2005/09/15 19:14

>モータースポーツという面からいうと、クルマも同様に根付いていないと思います。しかし、クルマはOKだけどバイクはNGという方がたくさんいると思うんですよ。なぜでしょうね?

 バイクが実社会に無くても困らない、という立場だからでしょうね。

 バイクも車もプラス面もマイナス面ありますが、前者を語るときプラスを強調し後者を語るときマイナス(特に転倒時の怪我等)を強調しているように思えます。
 

投稿: べんのすけ。 | 2005/09/15 14:06

 毛嫌いしている人のバイクの見方ってのは10代までの遊び道具=峠小僧或いは暴走族というイメージなんじゃ無いのかな?
 騒音だとか色々あるけど、おいらが今まで受けたバイクに乗らない人(で否定的な人)のライダー印象ってなこんな所です。

 おいらの高校時代の友人も、バイクなんて卒業しろよってよく言ってました(もう呆れたのか言われませんけどね)。

投稿: べんのすけ。 | 2005/09/15 13:59

おばんです^^

コメントしようと、いろいろ考えたのですが どれも中途半端になりそうで固まってます^^;

投稿: 放浪番頭@home | 2005/09/14 18:55

一休さん、こんにちは。はじめまして。

最近は特に異端を認める価値観に重きが置かれていない気がします。バイクに関しては僕も反論の余地がありません。
それにしても、車で爆音を響かせながら走るのは楽しくてクール。でも、バイクはNG。なんだかアンフェアですね。

投稿: kyazupon | 2005/09/14 11:33

>naoyaさんどうも。
モータースポーツという面からいうと、クルマも同様に根付いていないと思います。しかし、クルマはOKだけどバイクはNGという方がたくさんいると思うんですよ。なぜでしょうね?その辺気になります。

>ばらまるさんどうも。
やはり音というマイナス面が大きいのでしょうね。バイクに限らず、多くの人々が暮らす中で、周囲に配慮の無い行為は認められないということなのでしょうね。

投稿: 一休 | 2005/09/14 06:27

 K氏なかなか厳しい方のようですね。ちょっといいすぎなところはあるように見受けますが、バイクがモータースポーツとして日本に根付いていくためには、ライダーとして耳を傾ける部分もあるかなと感じました。
 特にさまざまな人が暮らす都市でバイクが人々と共存していくには音や速度については、生活者に対するやさしさが必要かもしれませんね。
 異端を認め合うためには、お互いを思いやる気持ち、これが大切ですよね。

投稿: ばらまる | 2005/09/14 00:22

こんばんは

これは日本にモータースポーツが根付いていないということだと思います
世界一のバイク生産国なのに残念なことです

投稿: naoya | 2005/09/13 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画バトン | トップページ | ひさしぶり »