« 走らせる人、いじる人 | トップページ | 老い »

2005/10/06

そもそもの話

駐車違反の民間委託による取り締まりが行われ始めたそうです。某メーリングリストから得た情報によると、バイクについても厳しく取り締まりされているとのことでした。

僕のように完全にバイクが趣味となっている場合は、駐車禁止の取り締まりが厳しくなってもそれほど関係なさそうですが、バイクが生活に結びついている人は大変かもしれないなぁと思います。

でも、バイクって一体どこに駐車したらいいのだろう。

原チャリだと、自転車置場さえあれば停められるけど、大きいバイクはそういうわけにはいかないでしょう。また、通常の4輪駐車場ではバイクを停めさせてくれない場所が多いのではないでしょうか?

以前、浜松の駅前で駐車場のおじさんに4輪と同じ額を払うから停めさせてほしいと交渉したことがあるけど停めさせてくれなかったって経験があります。また、二輪専用の有料駐車場もでき始めているようですが、まだまだ絶対数はたりないと思います。

要は取り締まりが始まっているけども、実はそれに対応した社会基盤整備が追いついていないという状況なんじゃないでしょうか?制限だけが厳しくなって、それに対する社会的対応ができていない。

一般社会において法を守るってことは当たり前のことだと思います(僕はそんなこといえた柄じゃないです。。)。でも、その守るべき法がそもそも適正なものなのかってところから疑ってみるって必要かもしれないなぁと思いました。

|
|

« 走らせる人、いじる人 | トップページ | 老い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走らせる人、いじる人 | トップページ | 老い »