« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/29

超音速飛行

最近、(と言っても、去年の話ですが)こんな本を読みました。31608815


人類が超音速飛行を達成するまでの物語を書いたものですが、その中に出てくるチャック・イェーガーという人物に興味があったのです。

発端は昔みた映画「ライトスタッフ」の中に出てきたからなのですが、その後に漫画「キリン」でも出てたし、気になっていたのです。

超音速飛行は1940年代に達成されるのですが、音速を超えることは当時、絶対不可能と思われていたそうです。その不可能を可能としたイェーガーって人はよっぽど気合の入った人なんだろうなと思っていました。

読んでみてわかったのは、気合の入っているのは当然なのですが、気合だけじゃなくって、メカとしての知識も十分にあったということです。実はその部分こそがイェーガーの特徴的な部分なのだということがわかりました。

当時のパイロットは、操縦のための身体的能力の高さを持っている人は多かったそうですが、航空工学的知識や、メカとしての能力を兼ね備えている人はいなかったようです。イェーガーは操縦しつつ、その時のエンジンの状況がわかる当時としては稀有なパイロットだったそうです。

メカに強くて、気合のライディングができるライダー。

そんなライダーになりたいもんです。

| | コメント (2)
|

2006/01/28

自転車通勤一年

題名のとおり、自転車通勤をはじめてほぼ一年が経ちました。

昨年の1月末からはじめて、やっと一年。出張やら雨の日は電車で通勤してたので、その点差し引いて低めにみて、週に3日としても、片道13kmで年間約4000kmです。良く走りました。

僕の知っている人にはもっともっと走っている人も大勢いますが、ひとまず自分自身としてはまずまずの距離です。

それとあわせて、通勤コースで季節の移り変わりやら、いろんなことが楽しめました。

冬の澄んだ空のはるか彼方に見える羽田を飛び立つ飛行機の機影
春の桜吹雪の中、別の通勤者と自転車バトルになったこと(笑)
汗だくになって走った夏の日
秋は土手一面に咲き乱れる彼岸花

それと最大の発見は夜中に帰宅する時に発見した野生のタヌキでした。自転車通勤をしていなければ、家の近所にタヌキがいることなんて発見できなかったと思います。

さて、これから一年、また走れるでしょうか。転勤によってまた自転車じゃ通えなさそうなところに異動するかもしれません。モチベーションが続かないかも知れません。

まぁでも無理しないで、できる範囲で続けられたらと思います。
20050130_006


| | コメント (2)
|

2006/01/25

英語の勉強

特に仕事で必要というわけではないですが、なんとなくで地道に英語の勉強などをしていたりします。

といっても、まだまだ全然話せたり、聞き取りができたりというわけじゃないんです。きっと中学卒業くらいのレベルではないかと思っています。


そんな僕は、かえりが遅くていつもは見れないのですが、時々テレビで放映している、ある英語教育番組を見ることがあります。

その番組はこれまでも、英語の話せる有名人を呼んでインタビューしたりなど、アイディアに富んだ番組づくりで大変おもしろいなと思っていたのですが、なんと来週、その番組に我らが中野真矢がでるらしいです。これは要チェックです。

などと深夜1時半に会社のデスクでこの文を打ってたりします。(爆) 来週、見れる時間に帰れるかな〜。

| | コメント (2)
|

2006/01/21

雪の日

今日は東京でも雪が降っています。結構積もりつつあります。

午前中に用事があってくるまで都心部に行ったとき、こんな時にも走っているバイクを見かけました。
多くはプレスライダーのような仕事で走っているライダーでしたが、中にはカップルで乗っている人もいました。

好きで乗っているんじゃなくって、どこかに出かけていたときに降られてしまって、やむを得ず乗っているのでしょうが、なんとなく自分が忘れてしまった力強さを感じました。

16歳でバイクに乗り始めた時は、乗るのが嬉しくて嬉しくて、そういや雪が降った翌日に乗って、甲州街道の立体交差にできたアイスバーンで死にそうになったなぁとか思い出しました。

もはや今は、コンディションのいい時のみしか乗らなくなりました。しかも乗るときはほとんど、皮つなぎを着たフル装備です。

乗り始めたばかりの頃、バイクという足しかもっていなかった時、雨でも雪でもバイクが好きで乗りまわしたとき、しかもGパンに夏はTシャツ、冬はジャンパー、グローブは軍手だったりした時を思い出して懐かしく思いました。

bike

bike2

| | コメント (9)
|

2006/01/15

妙高高原

最終日、妙高杉の原スキー場に行ってきました。

天気は、雨こそ降りませんでしたが、気温は高くてガスっていました。
そんな中、一瞬だけ、晴れ間が開けた時がありました。眼下に広がる雲海と遠方の雪山がマッチして神秘的でした。

そんな雲海の中に落ちていくように滑って、再びリフトで戻ってきた時には、その景色はもうなくなっていました。
ほんとに一瞬の晴れ間でした。

スキーはこんな景色との出会いも魅力なんですね。

hi350043


夕方まで滑って、高速をぶっ飛ばして帰ってきました。

さぁ明日から仕事がんばります。

| | コメント (4)
|

2006/01/14

燕温泉

060114_11400001.jpg

妙高方面にスキーにやってきました。金曜日からなのですが、土曜日はスキー場でも大雨でした。
てなわけで、周辺部をドライブとなりました。

前から一度行って見たかった燕温泉スキー場に行ってきました。途中の道はまさにすぐにでも雪崩がおきそうな感じで、結構緊張しました。スキー場まで写真のような雪の壁の中を走り続けました。

燕温泉スキー場は、わずかリフト二本のみのスキー場で、雪の深さが魅力のスキー場だそうです。(結局滑らなかったのです。)

こんな時はほんとに雪崩に注意ですね。

| | コメント (2)
|

2006/01/12

飲み会で。

既に40になろうとしている僕の楽しみの一つに実は合コンがあったりします。

いまだに知合いの独身女性を集めて飲み会などをセットします。ただし、妻帯者である僕は彼女らにメリットがあるように、イケ面の独身男性後輩などを集めているし、その飲み会には自分の奥様を呼んだりすることによって、良心の呵責に耐えています。

なので、自分の奥様と僕の独身女性友達がメル友になっているという歓迎されない事態が生じています。

まぁそれは良しとして。。

その飲み会で一番楽しんでいるのは確かに僕なのですが、今日職場の後輩男性から耳に痛い一言がありました。

「一休さん、合コンの時はほんとに楽しそうだけど、部長と飲んでいる時ってほんとつまらなそう。」

大いに反省した瞬間でした。

| | コメント (5)
|

2006/01/09

多摩サーキット

 今朝もジョギングしてきました。いつもと違う道に入ってみましたが、結構いい感じのクロスカントリーコースでした。家に帰ってyahooマップでその道を調べてみると。

多摩サーキットの文字が。。。

 なんとかつてその場所がサーキットであったことが、その後の検索でわかってきました。こんな近くにサーキットがあったとは全くしりませんでした。いったいいつ頃まで営業していたのか、詳しいことはまだわかりませんが、ネットで検索する限り、謎多きサーキットです。

 ちょうどその入口部分は僕が高校の頃に「ランド坂」っていう走りやスポットでしたが、そんなサーキットがあるなんて当時から全く知りませんでした。

 きっとほんの20-30年くらい前の話なのでしょうが、当時はどんな車、バイクが走っていたのでしょうか?想像力をかき立てられます。
 あっ、「ほんの20-30年くらい前」って言っている時点で年をとった自分に気が付きましたよ~。

| | コメント (7)
|

2006/01/08

今年の目標?

今年になって既に一週間が経ちました。

この3連休は家にいて、ランニングしたり、本を読んだりとゆっくり過ごしています。年末年始と表に出まくっていたので、ちょっと自分を見つめつつ、少し遅いですが年始の心構えを整理しています。

最近思うことですが、年をとってくると素直さがなくなってくるかなぁと感じています。

少年の頃の一休はもっともっと素直だったように思いますが、年とともに、いろんな経験を積んで、何かあると、それには裏があるのではないかなとか、悲観的に考えたりとか。いつの間にかそれが当たり前になってきていました。

ちょっと前まではそういうふうに変わってきていることすら気が付かなかったのですが、最近やっと気付きはじめています。

なかなか、へたった気持ちを元に戻すことは難しいでしょうし、社会人としていろんな人と応対している以上。ある程度のガードは必要でしょうが、今年はもう少し気持ちを素直に、そして謙虚になれたらいいなと思います。


ところで、今日遂にタヌキを確認しました。

このブログでも何度か取り上げましたが、家の近くの林にあるゴミ置き場付近でこれまで何度か、茶色い小動物を目撃していたのです。でも、それは深夜に自転車で帰宅するときで、猫ではない茶色い何かというだけで、おそらくタヌキであろうと想像しているだけでした。
今日の朝、ジョギングでその脇を通りかかったら、頭を落ち葉の中に突っ込んでいる茶色い動物がいるではないですか。相手はこちらに気が付かずに一生懸命何かのえさを食べているようでした。

距離にして1.5m。相手はやっと僕に気が付きました。「ウゥ」とうなり声を上げて僕から離れようとするのはまさにタヌキでした。結構のそのそと歩いていました。

この林に一体何匹生息しているのかな。

| | コメント (0)
|

2006/01/03

保土ヶ谷

昨年11/3以来、約二ヶ月ぶりにバイクに乗りました。
といってもバッテリーがあがらない程度にまわすという目的のため、第三京浜を軽く流してきた程度です。

スピードを出すと怖かったですが、気持ちよく加速を味わってきました。

保土ヶ谷にはバイクが何台か集まっていて、皆さん初乗りをしているようでした。
さて、次に乗るのはいつだろうか。。。

hi350020

| | コメント (10)
|

2006/01/02

志賀高原

昨年の話になってしまいますが、年末に志賀高原にスキーに行ってきました。

これまで何度か志賀高原を滑ってきましたが、今回はスタンプラリーなるものに参加してみました。志賀高原にはなんと72機のリフト、ゴンドラがあるそうなのですが、それに全部乗ってスタンプをもらうと、漏れなくTシャツとバッジがもらえ、さらに抽選で1名に100万円!があたるとのこと。

いや~大変でした。滑ることよりもリフトに乗ることが目的になってしまいました(笑)二泊三日ほぼフルに使って、ほとんど二度乗りはしないでなんとか達成しました。

百万円の抽選は今年の夏だそうです。あたれ!!!!

siga2


siga

| | コメント (2)
|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »