« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/26

正義

土曜日に「ミュンヘン」を見に行ってきました。

実は昔、ミュンヘンのオリンピック選手村跡には行ったことがあります。その時はこんな事件があったとは知らなくて、ちょっと暗い感じの住宅だなぁというのが感想でした。こんな形であの住宅が僕の前に出てくるとは思いませんでした。

映画を見た感想としては、とにかく怖かったに尽きます。
映画としての出来栄えはすばらしいのでしょうが、僕は怖がりなんで、いつ主人公が殺されるのかとほんとにハラハラでした。

ストーリーに関しては他のメディアを見て頂くとして、僕は「正義」ってなんだろうかと考えさせられました。みんな自分が正義だと思っているんですよね。ここでいう正義ってのはどっちかっていうと正しい意義っていう意味です。

あまりここでは政治的なことを書くつもりはないし、実のところ僕には良くわかってないところもあるのですが、
みんながそれぞれ、自分を信じているから、ずっと戦いは終わらないってことなんだと思いました。

自分が子供時代に単純に「正義の味方」って言葉を良く使いましたが、あれって「人間の味方」であって、「怪獣の味方」ではないってことで、決して「正義の味方」じゃないんですよね。

当たり前の話しか書けないですが、深く考えさせられた作品でした。

あ、そうそう、ちなみに作品中にちょびっと性技に関するシーンもありますよ(爆)

| | コメント (4)
|

2006/02/25

リーサルウェポン

荒川静香選手の金メダル良かったですね。

その時の演技を見たわけでは無いのですが、僕の心を捉えたのはこれです。

「イナバウワー」

この言葉の響きに魅了されました。トリプル○○とか、○○スピンとか聞けば、「あ~、こんな技だな」となんとなくの想像がつくのですが、この言葉を最初に聞いた時は、一体どんな技なんだろうとワクワクしたわけです。すごいリーサルウェポンを期待していました。どんな光線を出して、敵をやっつけるのかなどと思いを巡らしました(笑)

実際にイナバウワーのシーンを見たときは多少がっかりしましたが、「美しい!」と心の底から思いました。

でも、職場の人の話によると、イナバウワー自体は演技のジャッジには直接関係ないんだそうです。それでも、荒川選手のこだわりで取り入れているとのことでした。

実質的に効果は無いけど、周りに魅せる演技。

実は本人の得意技を入れることで、周囲を魅了していると自分自身の中で盛り上がることが、演技全体にいい効果をプラスするのかも知れないですね。リーサルウェポンってのは本人の気持ちの待ち方だけなのかもしれないですね。

バイクにもそんなことがあるなぁって思いました。例えばウィリーとか。(僕はできないですけど)やったところで目立ちはするけど少しも速くはならないですよね。でも気持ちはスカッとするかもしれません。

ちなみにうちのパソコンでイナバウワーを変換すると

「因幡宇和ー」

と変換してきました。リーサルウェポンには程遠そうです。。。。

| | コメント (2)
|

2006/02/24

鬼に金棒

昨晩、女子スラロームをテレビで見ました。

飛ぶようなターンで切り返す選手の足元にある板は、かなりのスピードと荷重がかかっているように思えますが、あまりしなってませんでした。

僕が今履いている板なら、もっとしなっているだろうな~。なんて思いながら、いい選手といいマテリアルがあってこそメダルに手が届くのだろうなと考えていました。

ふと、「鬼に金棒」という言葉が思い浮かびました。

ただでさえ強い鬼に強力な武器である金棒を持たせたら、誰もかなわないというような意味だと思います。

バイク界で強いていえば、
「ロッシに211V」とか「ロッシにM1」ってな感じでしょうか?

やはり、人が強力なだけじゃなくって、マテリアルも強力でこそ最強なんでしょうね。

ついついマテリアルの強力さにのみ頼ってしまい、人が追いついていない

「一休に12R」を反省した瞬間でした。

| | コメント (6)
|

2006/02/22

馬車道で

深夜二時に撮影会やつてました。場所は馬車道にある旧横浜銀行です。
なんだか凄い照明でしたが、結構、この古い石造りの建物とマッチしていましたね。

建物の中では綺麗なお姉さん(モデルさん)もたくさんいたようですが、残念ながら僕は見れませんでした。
あ~残念!

しかし、ほんとに大勢のスタッフが深夜にお疲れさんです。
翌朝、8時の通ったらきれいに片付けられてました。

060222_01320001

| | コメント (3)
|

2006/02/20

記念日

実は先週、結婚記念日がありました。

あんまり、記念日ってガラじゃないんですが、この日曜日、カミ様と式を挙げた神社に行ってきました。仏滅にも関わらず、何組かの式があったみたいですね。

まぁいろいろとありますが、今のところなんとか続いているというところでしょうか。

式を挙げた場所にかぎらず、こういうふうに、自分の人生の節目となった場所に時折行ってみて、その時の自分の気持ちを思い出すってのはいいことだなぁと感じた一日でした。

写真は今日式を挙げていた、見ず知らずのカップルです。
幸せになって下さい!

060219_12500001

| | コメント (5)
|

2006/02/19

やはりタイム

オリンピック盛り上がってますね。

日本にメダルが無いのが今ひとつですが、選手個人からしてみれば、外野がとやかく言う話じゃないんでしょうね。

競技をみていて思うのですが、僕的には人の評価(ジャッジ)が入る競技(いわゆる点数がつく種目)の中にはどうもしっくりこないものがあります。

例えばハーフパイプとか、フィギュアスケートとか。

自分が見ていてこの人はすばらしい!とか思えたものでも結構順位が低かったりすることがよくあります。僕自身、その方面の専門家じゃないんで、まさに専門家が見るところと素人がみるところが違っていて、点数の高い選手は素人にはわからない微妙な部分で判定されているのだと思います。

前半はモーグルを楽しみにみていましたが、僕からみるとみんなスゲーうまい!ってだけで、点数の差がどうも理解できませんでした、かといって、判定をタイムだけにしたら選手はみんな直滑降してジャンプだけして下りてくるだろうから、競技は成立しないんだろうななどと考えていました。

競技の質から言って、人の判定が入る種目は当然あるわけですけど、点数制の競技も万人が見て納得できる判定システムって工夫できないのかなって思ったりしました。もっとわかりやすい基準をキチンと示してくれたら素人にも楽しめるのになぁって思います。

一方で、タイムとか距離とかひとつの物理的指標で結果が決まる競技ってのはわかりやすいですね。

先日やっていたスノーボードクロスとかスキーでいうとアルペン競技です。

後半はいよいよアルペン競技ですね。自分がスキー好きってのもあるのですが、絶対タイムで決まる勝負の世界を楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0)
|

2006/02/15

ヤフオク

先日、ヤフオクで12Rのバッテリーを落とそうと、1円スタートで出ていたものを、オークション終了時間を狙って入札を開始しました。

僕としては、5000円くらいで落とせなかったらあきらめると決めていましたが、オークションって終了間近に入札されると終了時間が10分延長するんですね。

そんな基本情報を知らずに、「ありゃ、終了しない」なんて思いながら、価格はあっという間に5000円を超過。

なんと9000円超えになっての決着でした。僕は早々に降りちゃいましたが、これじゃその辺の量販店で買うのとさほど差が無いじゃないか、一体どんな人が落札したんだろうと思ったわけです。

途中段階では出てこなかった名前の入札が僕も含めて最後にダダーっと出てきて、いやーみんな狙っていたんだなぁっと改めて思いました。

「1円入札」

ということで注目を集めて、最後には値段が上がるというこの構造。大変参考になりました。

| | コメント (3)
|

2006/02/12

やっと

ライセンス更新の手続き手紙を出しました。
去年はわずか3回の走行でしたが、今年は何回走行できるか。
まずは12Rのバッテリー交換です。


060211_17060001.jpg

| | コメント (0)
|

2006/02/11

ヒルズ

昨日表参道ヒルズというとこのオープン記念内覧会に行ってきました。たまたま仕事のつてで招待状を入手できたのです。

行ってみて建物の中をぶらっと歩いてみましたが、ブランドに興味を持たない僕にとってみてはほとんど意味を持たない横文字の店がずらっと並んでいました。

狭いスペースに間口の狭い店がずらっと並んだなぁというのが感想でした。建物の中は「階」という概念が無いように思えました。階に分かれて床があるというのではなく、全ての階がらせん状につながっているのです。

一番下の階のイベントスペースでベンツのBクラスの展示をやってました。僕が興味がもてたのは、コレくらいだったかもしれません。

でも表参道にいる人たちってほんとに格好いい人ばかりですね。このおしゃれな空間で、サッカーのベンチコートを着て行った僕は非常に浮いている気がしました(笑)。

060209_15110001.jpg

| | コメント (0)
|

2006/02/09

誘惑に負けそう

最近、僕が見ているバイクブログの方々が軒並み『ツーリングトロフィー』というテレビゲームにはまっているようです。

これとかそれとかあれ

やばい!僕も非常に興味が湧いてきています。

テレビゲームなんて買ったことなかったし、全く興味がなかったんだけど、皆さんが載せている画像がきれいだ~。本物っぽい。

これまで、バイクの改造パーツに誘惑されてきた時は、

「これをつけたところで何秒タイムが縮まるのか?結局腕なんだからそれに使えるお金はタイヤ代のために貯金しておけ!」

と自分をいつもたしなめてきました。

しかし、今回はヤバイ!これはやってみたい!

誰か遊ばせてくれそうなやつ探そうっと!

| | コメント (11)
|

2006/02/07

オリンピック

が開幕します。
先日、深夜にテレビで長野の時のダイジェストをやってました。里谷多英選手の金に改めて感動しちゃいました。
ここのところいろんな事件で話題になっちゃいましたが本番の五輪は是非頑張ってほしいですね!hi350020.JPG

| | コメント (4)
|

2006/02/04

ルーツ

というアメリカのドラマが僕が子供の頃に話題になりました。アメリカの黒人がそのご先祖様からどのようにして自分につながっているかをドラマにしたものです。

実は先週の日曜日に房総半島にある、自分のご先祖様のお墓に行ってきました。

自分の祖父母や親までの墓は家の近くにあるのですが、更にその先は千葉にあるって話を子供の頃に聞いていました。でも小学生だった頃に一度行ったきりで、それ以来行ったことも無いので、どこにあるのかさっぱりわかりませんでした。

今回、親父の弟にあたる人からその場所を聞いて行くことができました。

千葉の田舎の畑のど真ん中に、僕と同じ苗字のお墓がいくつもありました。お墓は想像以上に大きくて結構きれいに手入れされていて、墓標によると明治のはじめくらいのお墓でした。僕は線香も花も持っていかなかったんで、そのことをお墓に詫びて、お参りしてきました。

親父から聞いていたお爺さんや曾お爺さんが墓標のどの人なのかはさっぱりわかりませんが、とにかくこの場所から西に流れてきて親父や僕がいるんだなぁと感慨深かったです。

大きな時間の流れの中にいる自分自身を感じたひと時でした。

さて、僕も次の代にバトンを渡せるようにがんばらないと。(いろいろと。。)

| | コメント (3)
|

2006/02/02

潮のみちひき

先日、職場で意表をつたことが話題になりました。

僕がずっと前から疑問に思っていることをひょんなことをきっかけに、まわりに投げかけたところ、その点について答えられた人が一人もいなかったのです。

テーマは潮汐についてで、『潮のみちひきは月の引力によっておきているけど、月と反対側も満ちるのはなぜ?』
という疑問です。

この問題って中学か高校レベルの問題だと思いますが、誰もわからないんです。この質問のために、残業している人に無駄に時間をつかわさせてしまいました(反省)。

う~んやはり、自然現象は神秘的で謎多いです。

誰か詳しい人教えて下さい。

| | コメント (4)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »