« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/29

ツーの誘い

近くに住んでいる、○藤氏より生き残りツーの誘いを受けました。

今回は日帰りで近場にツーリングということなので、準生き残りツーですね。ふと思うと、12Rクラブのツーリングも全然出ていないし、最近、バイクに乗るのはほとんどサーキットのみとなっている状況であり、かつ乗るのは2ヶ月に一回くらいという悲惨な状況なんで、是非とも参加したいところ。

気候もよくなっているんで、なんか山の方に旅に出たい気持ちがむくむくと沸いてきます。

というより、このツーリングに参加しないと後で弱虫扱いされるんで、参加しておかないと、先輩としての面子に関わるわけです(笑)

しかし、予定は微妙だ~。なんとかやりくりして間に合わせられるか?

| | コメント (2)
|

2006/05/28

浅川

今日は午前中雨でしたが、午後から結構気持ちいい晴れ間が見えました。先週、何かと飲む機会が多かったので、ちょっくら体を絞るかってことで、チャリ乗ってきました。

多摩川CRからR16-浅川で家に帰るルートです。距離は大体40-50キロくらいですが、浅川はとろとろ走れて気持ちいい!

浅川は川幅がそれほど広くなくって、手頃な大きさ、川の近くには結構緑も残っています。多摩川サイクリングコースの近くにあってマイナー感がなんとも言えずいいです。

GWに行った鶴見川と今回の浅川。近くの川沿いポタリングシリーズ化するかな(笑)

Hi350036_1

| | コメント (0)
|

2006/05/27

異動

今週、異動の内示をもらいました。

ってなわけで、いろんなメンバーとの飲み会が今週はたくさんあって、今回の異動のタイミングで退職される部長と飲みに行く機会がありました。

退職の話は今回の内示の随分前からあったそうですが、やはり内示を受けて実感が湧いてきたと話されていました。気持ちはもう次の場所を向かっているという感じで非常に清清しい感じに受けてとれました。

部長くらい偉くなると、単純に年齢というだけの問題だけじゃなく、いろいろ難しい問題もあるようで、本来の定年よりも早めの退職とのことでした。

自分がいつまでこの会社にいられるのかわかりませんし、もしかするともう半分以上終わっているかもしれません。去る日までどれくらい納得のいく仕事に携われるか、今はとにかく人に喜ばれるような仕事をできるようにがんばんなきゃなと改めて思いました。
20060523_028

写真は本文に関係ないですが、部長と飲んだ近くの建物。

| | コメント (2)
|

2006/05/23

志賀高原

志賀にドライブに行ってきました。

草津・白根ラインの途中にはまだ雪の壁が残っていて、ちょっぴりワクワクです。
Hi350020

渋峠ではスキーをやっている人がたくさん。あ~板を持ってくるんだった。
ドライブインのインディ君は相変わらず、周りを気にしない大物ぶりでした。(子供は我が家の子じゃないです。)

Hi350022

昼までは晴れていたのですが、そこから視界5m以下の霧が出てきて、しばらくして雷と大雨でした。温泉は薬師の湯というところにいきましたが、いまひとつでしたね。今度は熊の湯か山田温泉に挑戦してみたいです。

カミ様と一緒に行って、少しは次回モテギに行くポイントを稼ぎました。

| | コメント (5)
|

2006/05/20

飲み会

飲み会
木曜日。また飲み会でした。


朝、出勤してメールチェックをしていると後輩から「今日はよろしくお願いします。」とのメール。。。。

何?この前話していた飲み会って今日になったの? ヤバイ!明日は重要な会議があり、その準備で今日はほんとに出れそうにない。

と思ったのですが、鬼の集中力で勤務時間内で仕事をテキパキと片付け(笑)!若干遅れたもののなんとか出席。いつもこの集中力をもって仕事をしたいもんですね。

とは言え先輩かつ妻帯者の立場であり、一応、女性の隣ではない端っこに座りました。ところが会も中盤以降になると、一番楽しんでいるのはやはりこの僕。

帰りの電車もみんなと同じ方向で楽しい~!なんて思っていたら、なんと地下鉄の駅で身内でもあり、このブログにも良くコメントしてくれる「ゆかっちさん」と遭遇。はしゃいでいる自分を反省しました。

逆にあまりの変わり方に横に一緒にいたイケメン後輩は「一休さんの弱点掴んだり!」とばかりに喜んでいました。

これで後輩とは弱点を掴みあった関係になってしまった。こちらがやられる前にやっつけておこう!

| | コメント (5)
|

2006/05/14

大掃除

実家の掃除に行ってきました。
実家にはしょっちゅう行っているんですが、母の日ってことで、カミ様と一緒に労働奉仕です。(笑)

今回はまず物置と化している一部屋を掃除して、ゴミ袋10袋くらいのゴミを出してきました。掃除をしていると亡くなった親父が着ていたスーツが出てきたので、少し乱暴ですが、1-2着残して全部捨ててしまいました。

捨てたスーツを見ながら思ったのですが、そのほとんどが行きつけの洋服屋でオーダーしたものなんですよね。当時はAOKIもコナカも無かったのでしょうが、その辺で安いスーツを買っている僕から見ると、当時の親父は随分とおしゃれだったのだなと再認識しました。

親父の形見でもらったものって何もないのですが、自分が死んだらどうなるのかなって考えてみました。我が家には子供がいないので、親族に残せるようなものってあったけな。

12R、アライのヘルメット、カタナのタンク、PS2。

・・・・・・(汗)

どうも一般に受けそうなものは無さそうです(笑) 
受け取った人が自慢できそうなものができるまでは長生きしなきゃなとつくづく思いました。

| | コメント (8)
|

2006/05/10

PS2

遂に我が家にPS2がやってきました!

3月の初旬に12RクラブのPlanet兄貴からツーリストトロフィーのソフトをもらってから、ずっとこの日を待っていました。早速、HAYABUSAを選択してモテギを走ってみたのですが、まずはちゃんと一周走りきるまでに100台以上のHAYABUSAを潰してしまいました。

やっとの思いで、なんとか一周走れるようになってのタイムは2分35秒でした。

もう少しし練習を積んでのタイムは2分25秒!

これって僕の12Rでのモテギのタイム遍歴とほぼ同じじゃないか!所詮ゲームとは言え、タイムは結構リアルですね。

ということは。。。。。

今、一生懸命練習している「コーナリングブレーキ」をやって走ってみました。

なんと2分17秒!

う~ん。少し展望が開けたような。。でもHAYABUSAだからでしょうか?

ちなみに、僕の周りでは実際のコースでHAYABUSAを2分15秒より速く走らせるひとが結構います。あの人達ってやっぱり化け物なのだろうか。

現実逃避の一休でした。

| | コメント (4)
|

2006/05/05

モテギ北コース

モテギ北ショートに行ってきました。Hi350004


結果からいうと、北ショートベストを二秒更新!
二本走った後のフルコース走行ではタイム更新なりませんでしたが、バイクの操作等で、北ショートの効果を感じることができました。

家に帰ってから、カミ様と近くのスーパー銭湯に行って、湯船につかりながらコースライン取りのイメージを思い出していたら、のぼせてしまいました。

でも充実した一日でした。

北ショートについてはHPにアップ済みです。

| | コメント (9)
|

2006/05/03

日経平均

月曜日の朝。4時から起きてトルコGPを見てしまいました。

ストナ-が最後にプレッシャーに負けてマルコメが優勝をさらったってところでしょうか?やっぱし若手の台頭が目立ちます。

実は僕にはちょっぴり気になるライダーがいます。それはホンダのエースライダーのニッキーヘイデンです。

数年前にAMAスーパーバイクから鳴り物入りでMotoGPに参戦したけど、ロッシ等の蔭にあって昨年まではセカンドライダーに甘んじていました。今年からホンダのエースになったヘイデン。今シーズン3戦をコンスタントにポイントを稼いでいますが、彼としては随分不本意なレースなんだろうなぁとひしひしと感じられるのです。

初戦は同チームで250から昇格したばかりのペドロサにぶっちぎられるし、第二戦もロッシにやられる、今回は3位に入ったものの先行したペドロサの転倒によるもの。しかも、ホンダの中で一人だけ開発用マシンを与えられているのに、標準仕様の211V、3台に先行を許してしまうという屈辱的なレースだったと思います。

レース後のインタビューで彼は「楽しいレースだった」を連発してたけど、きっと心中穏やかではないのだろうなぁと想像がつきました。

去年、彼はGP初優勝を果たしているけど、それもホームコースのラグセカでコークスリュー(という名物コーナー)へのラインとりを知っているという地の利を生かしたものだけだったように思えます。

組織からの期待は大きいけど、上からのプレッシャー、下からのプレッシャーをうけてなかなか成果を出せない中間管理職のつらさっていうように僕には見えてしまいます。

でも、そんなヘイデンですが、僕は今年はやってくれるんじゃないかなって期待しています。

というのは、昨年のレースで彼の走りを見ていて感じたことですが、彼はコーナーで転倒したバイクにしがみ付いて離さなかったのです。コーナーを滑るバイクのハンドルを離さないで転倒するなんてなかなかできることではありあません。僕はそこに彼の勝負への執念を感じたのです。

今は苦悩の時期かもしれませんが、最後には勝利の美酒に酔いしれるヘイデンを期待したいと思います。

ちなみにヘイデンさんはこんな方です。

あ!題名ですが、ニッケイヘイキンとニッキーヘイデンを間違えました!(最初からネタばれしてたかな?)

| | コメント (6)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »