« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

夏休み

ほかの方のブログを見ていると、ぼちぼち夏休みはどこそこへ行くなんて記事が目立ち始めていますね。

6月の末まであんまり、夏休みなんて気にもしていまでんでした。が、急遽、決定しました。

夏休みは北海道に行ってきます。

残念ながらバイクじゃないんです。飛行機で千歳へ行って、レンタカーで道東を巡るというコースを考えています。

北海道に住んでいたのは15年前までで、しかも道東に行くのは20年ぶりくらいなんで、早速地図を買ってきて、千歳から道東までのルートを調べてみたのですが、びっくり。

なんと十勝平野に高速道路が走っているじゃないですか!

他にも日高を越えるルートで日高を抜けるトンネルができてるし!(当時は狩勝峠、日勝峠しかなかった)

三国峠を抜ける道も大雪国道とかいう立派な橋の写真が載っていました。(当時は砂利道)

随分便利になっていそうです。

当時とはだいぶ状況が変わってきていそうですが、20年前の記憶でカミ様を案内でもしてあげようと思います。

| | コメント (4)
|

2006/06/26

ツーリングが終わって

久しぶりのバイクをこの週末は堪能しました。

乗り始めて最初のうちは、ちょっぴりブレーキ操作がギクシャクしましたが、しばらく峠を走ると、自己満足ですが、フロントのリヤのブレーキ感覚が研ぎ澄まされていくのがわかりました。

なんか、フロントのタイヤが押し付けられて、踏ん張っていたり、アクセルを開けて、リヤタイヤが擦れて加速する感覚とか、コーナリングでリヤを引きずる感覚とか、いろいろと前後のタイヤの状態が手に取るように感じられました。

12Rクラブの猛者の面々のようなハイペースでは、完全に自分のレベルを越えてしまって、こういった感覚はわかんないんですが、自分の遅いペースで走るといろいろとバイクが発する情報を感じることができます。

このくらいのペースなら結構思いの通りの操作ができるなぁなんて感じながら12Rを走らせました。

でも、コーナリング中に、クラブの連中だったら、この僕をアウトから抜いていくようなペースなんだろうなぁなんてレベルの低い自分を、少し寂しくも思いました。

帰りの高速でも、気持ちよいペースで流しましたが、やっぱり車の間を縫って走るとき、「クラブの人なら。。」と思えてしまって、アクセルを開けきれない自分をもどかしく感じてしまいました。

普通に一人で公道を走っている分には滅多に速い人には遭わないですが、身近に速い目標があって、しかもそれが同じ性能のバイクで腕の違いのみなのかと思うと、ついついその速さに敵わないまでも挑戦したくなってしまいます。

自分のレベルをもっと上げて、速く走らせる技術を見につけるってのは、いつの時代でもバイク乗りの永遠の課題なんでしょうね。

僕の場合、更にそこに「自分の能力を超えない範囲で、安全に確実に!」という要素が強く入ってきていると思います。年のせいとは言いたくないですけど、こけたらもう終わりですからね。

安全、確実をモットーにもっとがんばろっ!

| | コメント (4)
|

2006/06/24

プチ生き残りツー

一休の玉手箱はブログランキングでは、カテゴリー「バイク」で登録していますが、サブタイトルにもあるように、「日常のことをいろいろと」「中年ZX12R乗りの日常を書いています」ということで、書いている内容は日常生活だったりするわけです。

というのが理由ではないのですが、このところすっかり「中年おやじの合コン日記」と化していました(笑)。

今回久しぶりにバイクネタです。

行ってきましたツーリング。


生き残りツーのメンバー○藤氏より誘いがあって、今回の生き残りはなんと3人!

出れなかった人は言い訳してはいけません!

「子供が熱を出した」、「ワールドカップ見すぎで寝不足」、「音信不通」

み~んな言い訳です。何を言おうが、このツーに来て走ったものが偉いのです!


まぁ、次回自分が出れないとぼこぼこにされそうなんでこのくらいで許しておこう(爆)

で、後日ホームページの方にツーリングについてはアップしておきます。行き先は山梨県赤石温泉

結構いい感じの露天風呂でした。うちのメンバー3人で貸切状態、いい湯でした。

Hi350040_1

| | コメント (5)
|

夏〜

Hi350038_2

涼しくて気持ちいい〜

| | コメント (0)
|

2006/06/18

父の日

今日は、全国的にワールドカップ、日本対クロアチア戦です。

ま、それは深夜に見るとして、

実はMotoGPカタルニアです。ロッシがポールポジション!

ま、決勝は明日の朝に見るとして、


今日は乳の日ならぬ、父の日です。

で、自分はまだ父ではないし、自分の親父はもういないんで、カミ様の父に送りものをしてきました。

地方発送なので、今日に着く様に贈ればよかったのですが、なかなか時間がとれず、今日送りました。

それから、自分の親父の墓参りをしてきました。

ちょっぴり雨模様なんで、あんまりしっかりはできませんでしたが、墓の周りを草むしりして、線香と花を供えてきました。

そこで、しっかりとお願いしてきました。

何って。。

そりゃ~決まってます。

もう自転車で転ばさせないで下さい!  です。(爆)


さぁ、日本を応援するぞ!


| | コメント (4)
|

2006/06/16

痛って~

チャリで転んでしまいました。しかも、相当派手に。

深夜、仕事からの帰り道です。週末なんで、ゆっくり夜風でも楽しんで帰ろうと思っていました。歩道を走りながら、下りで結構スピードが出たところに歩道と車道の段差があって、いつもは難なく通過するのですが、今日はなぜか。。。。

チャリンコは前に一回転して、僕も顔から落ちちゃいました。

ワイシャツの肩は破けるし、顔、肩、肘は血だらけになっちゃいました。
血だらけで、チャリンコ漕ぎながら、駅前の人ごみをとおるのが恥ずかしかったです(笑)

やはり、ボランティアには見返りを求めちゃいけませんね。罰があたりました。

| | コメント (2)
|

2006/06/15

またしても

またしてもコーディネーター。
土曜日にテニスのセットをしたんですが、自分は参加できません。
知り合いの女性に声をかけて、会社の同僚にも声をかけています。

みんなが喜んでくれると嬉しいですが、いったい僕は何をやっているんだろ〜な?

などとふと冷静になって考えています。

| | コメント (2)
|

2006/06/13

切り替え

切り替え

次こそ頑張ってほしい

| | コメント (0)
|

2006/06/10

草刈り

今日は、午前中町内会の草刈があって参加してきました。

気持ちの奥底には、こういう面倒くさいのはほったらかして、梅雨の晴れ間、どこかに出かけたいってのがあるんですが、やっぱしきちんと参加しないといけません。(あまり説得力がないですが。)

で、約二時間ほど黙々としゃがんだ姿勢でカマを使って草刈をしたのですが、草刈にも各人の個性が現れるのが良くわかりました。

僕が刈ったところは芝生の上に長く伸びた雑草だけ刈っているんで芝はほとんどそのまま。

一方、隣人K氏の刈った場所は雑草だけでなく、芝までも刈り込んでおり、ほんとに五分刈り状態。

草刈をした後に双方が担当した場所を見ると、僕の刈った場所はゴルフ場でいうとラフで、K氏の刈った場所はグリーンと言った感じです。

ここで求められる草刈っていう行為に対するアウトプットとしては芝までも刈り込まなくていいんじゃないかなと僕は思っていたのですが、最初に書いた、「面倒くさい」という気持ちが、僕の作業には現れてしまったのかもしれないなと反省しました。

あとから僕も芝を多少なりとも刈り込んで、K氏のレベルまでは及びませんが、五分刈りならぬスポーツ刈りくらいのレベルまでは持っていけました。

| | コメント (0)
|

2006/06/09

一週間

新しい職場に移ってほぼ一週間。
通勤にや~っと慣れてきました。東京を横断する通勤コースですが、自転車を一部組み合わせて、乗り換え回数を減らして、始点駅から乗車するようにしたんで、座席に座れるし、結構読書の時間ができました。

さぁ!本を読みまくろうっと。

| | コメント (2)
|

2006/06/04

プレーイングマネージャー

またしても飲み会がありました。
今回の飲み会は、知人の姐御からのオファーです。

「娘はもういい年なのに、どうも男の影がない。是非一休さんの知り合いのいい男性とめぐり合わせてほしい。」
との依頼です。

会場に到着してまっていると、話に聞いていたとおり20代半ばの長身美形の二人の女性が会場に現れました。
姐御からの話だと、カタブツそうな話でしたが、決してそんなことはなく、ノリのいいお嬢様でした。

僕の呼んだ男性陣との会話が盛り上がるようにフォローアップをしつつ計画通り飲み会は終了。

飲み会終了して、会場を出ると、なんとそのお嬢様から「おばからです」と御礼のお菓子詰め合わせを頂きました。なんか合コンをセットして、お菓子までもらうとは。。。。

前まではプレーヤーとして参加していたわけですが、最近どうも自分の役割が変わってきています。自分が楽しむのは当然ですが、他のメンバーが楽しめるようにセットすることが多くなりました。

プレーをしながらコーディネートもする、まさにプレーイングマネージャーですね。合コン界の「古田」でも目指すかな(笑)
Hi350043

| | コメント (4)
|

2006/06/02

着任

異動の辞令がでました。

で、さっそく新たな勤務地に赴任しました。

これまでは、都心部のオフィスビルみたいなところで、ネクタイを締めて(と言ってもいつも外してしましたが)の職場だったのですが、今度の職場は都会からはかけ離れた畑の広がる平野の真ん中に立つ職場です。帰り道ではカエルの鳴き声しか聞こえません。(笑)

忘れかけていたことですが、もともとこういう現場から都心に行ったんだなぁと思い出しました。そもそものベースがここだったなぁと。

数年ぶりにもとのベースに戻ったわけですが、前にいた時とは多少は違った視点でいろんなことを見れるようになったのではないかなって思います。都心のオフィスで学んだ新しい視点を忘れないように、もともとやっていた仕事に生かせるようますます頑張りたいと思います!

で、まずは自転車通勤のためのルート検討です(笑)!


| | コメント (3)
|

2006/06/01

災い

職場の同僚バラマルさんの奥さんヨメマルさんがこのブログを見ているらしいです。

その夫婦の間では僕がバイクばっか乗っていて、全く仕事に情熱がないと思われているようなので、ちょっと仕事関連のネタでも書いておくかなと思うこのごろです。

で、、、、今日職場であったホントの話。

同僚Mの書いた異動のための引継ぎ資料のシメの言葉にこんなのがありました。
「・・・この資料を活用して頂ければ災いです。」
いままで苦しい思いをたくさんしてきたのはわかるけど、せめて後任には幸が多いことを願ってほしいですね~。

と書きつつ、気が付きました。これって職場ネタだけど、全然仕事への情熱とは関係ないな!

文章ってのは人格を反映するなぁと深く自分を反省しました。

| | コメント (2)
|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »