« プチ生き残りツー | トップページ | 夏休み »

2006/06/26

ツーリングが終わって

久しぶりのバイクをこの週末は堪能しました。

乗り始めて最初のうちは、ちょっぴりブレーキ操作がギクシャクしましたが、しばらく峠を走ると、自己満足ですが、フロントのリヤのブレーキ感覚が研ぎ澄まされていくのがわかりました。

なんか、フロントのタイヤが押し付けられて、踏ん張っていたり、アクセルを開けて、リヤタイヤが擦れて加速する感覚とか、コーナリングでリヤを引きずる感覚とか、いろいろと前後のタイヤの状態が手に取るように感じられました。

12Rクラブの猛者の面々のようなハイペースでは、完全に自分のレベルを越えてしまって、こういった感覚はわかんないんですが、自分の遅いペースで走るといろいろとバイクが発する情報を感じることができます。

このくらいのペースなら結構思いの通りの操作ができるなぁなんて感じながら12Rを走らせました。

でも、コーナリング中に、クラブの連中だったら、この僕をアウトから抜いていくようなペースなんだろうなぁなんてレベルの低い自分を、少し寂しくも思いました。

帰りの高速でも、気持ちよいペースで流しましたが、やっぱり車の間を縫って走るとき、「クラブの人なら。。」と思えてしまって、アクセルを開けきれない自分をもどかしく感じてしまいました。

普通に一人で公道を走っている分には滅多に速い人には遭わないですが、身近に速い目標があって、しかもそれが同じ性能のバイクで腕の違いのみなのかと思うと、ついついその速さに敵わないまでも挑戦したくなってしまいます。

自分のレベルをもっと上げて、速く走らせる技術を見につけるってのは、いつの時代でもバイク乗りの永遠の課題なんでしょうね。

僕の場合、更にそこに「自分の能力を超えない範囲で、安全に確実に!」という要素が強く入ってきていると思います。年のせいとは言いたくないですけど、こけたらもう終わりですからね。

安全、確実をモットーにもっとがんばろっ!

|
|

« プチ生き残りツー | トップページ | 夏休み »

コメント

u-hiさんどうも。
次回、郷昆は既に決まっているので、またご報告したいと思います(爆)

投稿: 郷 昆太郎 | 2006/06/29 23:21

ゆかっちさん>
この前モテギから帰るときの常磐でもゆかっちさんは車間を縫いませんでしたよね~。
僕の場合は、ツーリングとかサーキットの帰りくらいが、一番バイクに慣れ始めていて、乗れている時間なんですよね。

投稿: 一休 | 2006/06/29 23:19

おはようございまーすヽ(´ー`)ノ

うーん。
開けたいのに開けれない時ってあるですよねぇ
別にそんなに開けたくないのにツイツイ調子に乗って開けちゃう時もあるし・・・なんだろ?


てか・・・このまま「一休の合コン日記」でも面白いと思ってましたw

投稿: u-hi | 2006/06/29 04:26

これ読んで思い出した。
そういえば、私は高速道路で、車間は縫わないのがデフォだった。
(行きはたまにやるけど…特に帰りは)

やれって言われてできないこともないけど、急に車線変更してきた車を避けられる自信ないからね。特に帰りは疲れがでてるから、判断能力が確実に鈍っているのが分かるのよ。

そして…最近は常磐道以外は中央道1往復と東名で川崎から横浜までの片道しか走っていないw

投稿: ゆかっち | 2006/06/28 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ生き残りツー | トップページ | 夏休み »