« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

相手の立場

株主総会ってわけじゃないですが、自分が関連しているプロジェクトを利害関係者に説明する機会がありました。

メインスピーカーは僕じゃなくって、もう少し上の人だったのですが。。。

予想通り、クレーマーとまではいかないまでもこちらに対して反感を持っている質問者から、厳しい質問が飛びました。説明すべき内容を話して、対応できないものはできないというスタンスで、しばし押し問答状態でした。

全体説明の後に、個別に対応する時間があって、なんとその質問者の対応を僕がすることになってしまいました。

僕なりに、その方にこのプロジェクトの現在の状況やなぜ言っている内容に対応できないのかを相手の立場に立って説明するように心がけました。

しばらく、厳しい状況でしたが、なぜかある時点からいきなり相手が軟化したのです。しまいには相手から「冒頭で厳しいことを言ったが、悪気があったわけじゃないんだ。」との言葉まで。。。

こちらの思いが通じたと考えたいですが、原因は明らかではないです。

ただ、ちょびっと自分の気分が良かったのは間違いないです。相手の立場に立った説明が、相手に通じたとしばらくは信じたいと思いました。

| | コメント (3)
|

2006/07/30

信頼と対価

20060730_001
西荻窪という街で数年前まで一人暮らしをしていました。

今日、たまたまそのあたりをクルマで通ったんで、懐かしくって、ちょっろっと周って見たら、自分がよく使っていたコンビニはもう無くなっていて、街並みは少しですが変わり始めていました。エッチビデオを借りたレンタルビデオ屋はまだありましたね(爆)

最近はめっきり顔を出していない12Rを買ったバイク屋にも顔を出してみたら、僕のことを覚えていてくれて、すぐに名前で呼んでくれました。

向こうは客商売だから、覚えていて当たり前っていえば当たり前ですが、こういうのってちょっと嬉しいですね。

そこのバイク屋の兄さんは、実践を大事にする考えの人で、久しぶりにあった僕にバイクのフィーリングに関する自論をとうとうと話されて時間が経ちました。

そういや、ここの整備って結構細かいところに気を遣ってくれるんだよなぁっと思い出しました。バイクの整備は自分でやることが多くなって、量販店でパーツのみを買って作業することが多くなりましたが、こういう兄ちゃんのところに任せるってのもいいかなぁと改めて感じました。

世の中、効率的で商業的で競争力のある店ばかりがもてはやされる時代ですが、バイクに関しては自分自身の宝物をあずけることのできる信頼のできる人にお願いするという人も多いでしょうね。

「信頼に対してお金を払う。」

僕の場合、やっぱり安いお金で、自分でやるって方なんですが、ここの兄さんになら、お願いしてもいいかなぁと思いました。


あんまり賑わっている店じゃないですが、また車検の時はお願いするかなって思いました。

(写真はクルマの外気温計が本日示した数字。本文とは全く関係ありません。)

| | コメント (2)
|

2006/07/29

奥多摩で

朝、起きた時点では全く行く気はなかったのです。。。が、急に走りたくなって奥多摩に行ってきました。
ご近所の隊長さん(ZZR1100)に電話をしたら、丁度都合が良いとのこと。二台で行ってきました。

上野原から小菅に抜ける県道を通って、小菅付近では軽い雨にあいました。下の記事はその時「小菅の湯」で山女の塩焼きを食べながら一服していた時のものです。

奥多摩周遊道路に入るころには雨は上がってましたが、あんまり混んでいなくって、都民の森ではバイクは4台だけ!

大好きな中速コーナーの連続で、12Rはペタペタ寝てくれるし、楽しいひと時でした。


が、ひとつ残念だったのが途中で蛇を轢いてしまったこと。対向車線にダンプカーがいる状態で回避はできませんでした。後ろからついてきたZZR1100さんが、「蛇、大丈夫そうでしたよ!」って言ってはくれましたが、なんかすっきりしない気持ちが残りました。

「蛇さん、ほんとうにごめんなさい」

20060730_006
(写真は都民の森駐車場)


| | コメント (4)
|

雨宿り

20060730_003

小菅の湯です。小雨になってます。


| | コメント (0)
|

2006/07/28

どよ~ん。。。

「どよ~ん」  解説:なすすべが無く、途方にくれた状態を表す擬態語。

今日の会議は重かった。

終わってから、どうしようもなく重苦しい空気を感じた。

まさに、どよ~んとした。

さて、どうやって解決するかな。

ひとまず今日は寝よう(爆)

| | コメント (6)
|

2006/07/27

カブト

今日は暑~くなりました。
いよいよ関東も梅雨明け近しってところでしょうか。

子供の頃、夏になると良く虫取りに行きました。その時って野生のカンっていいますか、なんとなく虫(クワガタ、カブトムシ)のいる場所がわかったんです。湿度とか暑さとかニオイとか。。。。

今日は、その子供の頃の感覚をちょっと思い出しました。なんか今日はカブトが出てきたくなるような日だな~と感じたんです。(まぁカンというよりも、ようはむし暑いってだけなんですけどね)

チャリンコでの帰り道、前からチェックしていた街灯のしたに案の定いましたよ。

カブトのメス!

よっぽど家にもってかえって飼育でもしようかなって思いましたが、近くの木にとまらせて帰ってきました。

今年の初ムシ!ゲットです。

結構家の近所だったし、思ったとおりの場所に、思ったとおりの成果があったんで、ちょっと嬉しかったです。

20060710


| | コメント (3)
|

2006/07/23

結局行った

最近運動不足というカミ様を歩かせて、結局花火を見に行きました。

調布市花火大会

すっごいなぁ~。大きな花火が次から次に打ち出される。一体どこがスポンサーについているんだろうなぁ。

昨年に、もっと下流の方でみた川崎市花火大会とは、くらべものにならないくらいスゴイ!

最後の方で大きなヤツを連発するんだが、これがスゴイ。こっちはもう帰路についていて、会場からは少し離れた商店街から見たけど圧巻でした。

地元で(と言っても対岸だけど)こんな大きな花火大会をやってくれるってのはなんか嬉しいなぁ。いつまでも続いてほしいと思いました。

| | コメント (2)
|

花火

土曜日、日曜日と家の近くの多摩川をジョギングしました。気温があまり高くなくって走りやすかったのですが、日曜日の花火大会のために、土曜日の午前中から場所とりをしているブルーシートがたくさん敷いてありました。おかげで土手じゃなくって車道を走るはめになってしまいました。

去年、おととしと近所なんで見に行ってますが、この花火大会は大きな花火がたくさんあがってきれいなんですよね。

花火のメイン会場は対岸にあるのですが、僕が走っている側の岸はキチンとした会場にはなっていないのにたくさんの人が見に来ています。

なんか双方の公共団体の状況を良く表しているなぁと見ちゃうのは、考えすぎかな。

今晩、人ごみが凄くなりそうだな。さて今年は見に行くかどうか。。。

| | コメント (0)
|

2006/07/21

週末

一週間が終わった~。

先週、今週と4日しか働いていないのに、なぜか疲労感がでかい。休みボケかな。

でも、週末の午後って非常に仕事がはかどるな。翌日が休みって思うとやけに集中力が高まったりする。

気持ちの持ち方だけで、仕事の効率ってほんとに変わるもんだな。

この週末はちゃんとトレーニングして、しっかり本を読んで早く寝ようっと。

週末メモ

墓参り、ジョギング、テキスト20ページ、オイル交換、MotoGP


| | コメント (0)
|

2006/07/16

この後

Hi350085_1

帰りは、梅島にあるお好み焼き屋によって、すっごくおいしいお好み焼きを食して、楽しいひと時でした。

この後、大変なことになりましたが、まだお好み焼きを食している時は知る由も無かったです。

実は、帰りの電車の中で、急にお腹の調子が悪くなり、駅ごとにトイレに駆け込むことに(笑)

一緒に行って同じものを食べたカミ様は少しも調子の悪い様子はなく、この状態は僕だけに降りかかった災難のようでした。

前日からの無理な遊び方が祟ったようです。(反省)

| | コメント (4)
|

佐野ラーメン

060716_11180001_1

今回、一緒に行ったメンバーが調べてくれた、行列ができるラーメン店「とかの」に行ってきました。

食に対する貪欲さのない僕としては、初めての経験である「食べるために並ぶ」ことなんと一時間以上。

やっとありつけた、ラーメンはさっぱり系でした。

大変おいしかったです。

が、もう並びません(笑)。僕の価値観だとやっぱり美味さよりも時間をとってしまいますね。

| | コメント (4)
|

厄除けにきました

060716_10480001_1

| | コメント (0)
|

2006/07/15

帰還後4日目

北海道から帰ってきて早くも4日経ちました。早いなぁ。

久しぶりの北海道でいろいろと思いがめぐらされました。たまにテレビで「アースウィンドアンドファイヤ」を聞いたときに、その時代の自分を思い出すように、僕が19歳か20歳くらいのころ、初めて道東をバイクで走ったときのことが思い起こされました。

 未知のものに対する怯えとか、美しいものに対する憧れ、あらゆるものに対する怒りや憤りとか、青年時代のストレートな感情がよみがえりました。

 あの時はこう考えていたなぁって。

 あれから20年近くの月日が流れて、もはやオヤジになった自分にとっては、今にして思うと何てこともないこともたくさんありますし、まだまだ乗り越えられないものもあります。20年前の自分がひとつの指標になりました。

 もしまた20年たって同じように道東を訪れることがあれば、今度こそは、20年前の自分に対して恥ずかしくないようにもっともっと、前向きに逃げないで生きなきゃいかんなぁと感じました。

 北海道の写真をマイフォトにアップしました。

| | コメント (2)
|

2006/07/10

帰ります

060710_20490001_1

| | コメント (4)
|

2006/07/09

考えさせられた

Hi350095_1

知床で見た看板。
内容は人間から餌をもらったクマが、人に馴れすぎてしまい、人里に下りて、餌を探すようになり、結果として射殺されてしまったというもの。 
観光客に対して野生動物への接し方について警鐘をならしていました。

| | コメント (0)
|

笑った

Hi350072_1

| | コメント (0)
|

2006/07/08

まだやっていた!

北海道について二日目の8日の朝、屈斜路湖に行ってみたら、なんと本物のキャノンボーラーに会えました。
まだやってたんだなぁ。ちょっと嬉しかったです。

| | コメント (2)
|

2006/07/07

では!

これから行ってきます。

060707_05520001_1

| | コメント (0)
|

2006/07/02

おぉ!

セミが鳴いている!

今年初めてのアブラゼミは7/2 19時頃 自宅付近

カエルの鳴き声も聞こえるし、これから夜風に吹かれてゆっくり本でも読みます。

| | コメント (4)
|

多摩サイ

土曜日に多摩川サイクリングコースを走ってきました。

羽村往復を流して走りました。この時期の多摩川は初夏の風情が漂っていて大好きです。

6月頃の初夏の時期。晴れ間に向かってとおり雨の中を走るときなんて最高ですね。

頭の中にはミスターチルドレン「イノセントワールド」です(笑)

Hi350054_1

| | コメント (0)
|

2006/07/01

キャノンボール

北海道に行くことになったんで、ふと思い出したことがあります。

題名のキャノンボールです。

これってまだやっているんですかね?

大昔の話ですが、映画の「キャノンボール」に端を発した皇居→屈斜路湖の公道非公認レースがあったんです。第一回は僕が中型免許をとった年だったんで1982年7月7日だったと記憶しています。

一回目の天候は雨だったんで、警察もまさかやらないだろう(当時はいい時代でした)と、取締りに出なかったらしいんですが、そんな中でカタナの高校生が勝ったって聞きました。

以来、毎年7月7日が目安の日となっていて、その日にちの前後に主催者が拘束されたとか記事で読んだのが、15年以上前です。

まだ、走り続けているのかな?

いや、うまく逃れて走り続けていてほしいなって思っています。

| | コメント (2)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »