« 信頼と対価 | トップページ | さいたまスタジアム »

2006/07/31

相手の立場

株主総会ってわけじゃないですが、自分が関連しているプロジェクトを利害関係者に説明する機会がありました。

メインスピーカーは僕じゃなくって、もう少し上の人だったのですが。。。

予想通り、クレーマーとまではいかないまでもこちらに対して反感を持っている質問者から、厳しい質問が飛びました。説明すべき内容を話して、対応できないものはできないというスタンスで、しばし押し問答状態でした。

全体説明の後に、個別に対応する時間があって、なんとその質問者の対応を僕がすることになってしまいました。

僕なりに、その方にこのプロジェクトの現在の状況やなぜ言っている内容に対応できないのかを相手の立場に立って説明するように心がけました。

しばらく、厳しい状況でしたが、なぜかある時点からいきなり相手が軟化したのです。しまいには相手から「冒頭で厳しいことを言ったが、悪気があったわけじゃないんだ。」との言葉まで。。。

こちらの思いが通じたと考えたいですが、原因は明らかではないです。

ただ、ちょびっと自分の気分が良かったのは間違いないです。相手の立場に立った説明が、相手に通じたとしばらくは信じたいと思いました。

|

« 信頼と対価 | トップページ | さいたまスタジアム »

コメント

u-hiさん、紅羽さん>
どうもです。相手が理解してくれたかどうかはさだかではないんですよ。なにか、自分が主張しても少しも儲からないって計算をしたのかもしれないですね。
というのもありますが、皆さんの言うとおり、信じたいと思いますよ。

投稿: 一休 | 2006/08/02 10:02

いや~誠意が伝わったと解る瞬間って
感動ものですよね^^
なんか胸にじーんとくるというか
戦争なんて対話で終わるんじゃないか?ってぐらい強烈に^^

仕事してるときにこの感覚を味わえるってのは
本当に最高の瞬間だと思いますよ♪

投稿: 紅羽 | 2006/08/01 23:30

こんばんはーヽ(´ー`)ノ

いいよ〜いいよ〜
信ぢちゃっていいよ〜ヽ(´ー`)ノ

仕事のクレームって、自分1人が考えたプロジェクトでもないし、それぞれ担当がいて、全てが完璧だって思えてる時ってナカナカ皆無なのに、
「利害関係のあるヒト」に説明するのって、ナカナカしんどいですねぇ

でも、仕事って「害」ぢゃなくって「利」を目的にしてるし、その為にみんなで頑張ってるコトわかってもらえるのって嬉しいですよねぇ(*´∀`*)

投稿: u-hi | 2006/08/01 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信頼と対価 | トップページ | さいたまスタジアム »