« ご心配かけてすいません | トップページ | 今日の合コン »

2006/10/30

家について

昨日家に着いたとき。

カミ様が心配して出てくるかと思いましたが、彼女は黙ったままテレビを見続けていました。

しばし時間を置いて一言。

「あきれてモノが言えん」


この生き物はほんとに強い生き物だと思いました。

---------------------------------------------
追記

その後にカミ様がからこんな質問がありました。

カミ様 「バイクは廃車ですか?」
僕   「たぶん直して乗る。」

その時のカミ様の顔は非常に残念そうでした。心配をかけているなぁと感じました。

|
|

« ご心配かけてすいません | トップページ | 今日の合コン »

コメント

てつさん>
そうそう、「らしい」ってことでご理解下さい。

投稿: 一休 | 2006/11/09 00:01

てつです。

転んだようですね。怪我がたいしたこと無さそうでなによりです。


一休さんって、すげーなーってとことアホかってところがあって、、、ゆかっちさんへのコメントは、後者の感じがしました。

私も同じだし、良い悪いでは無いんですよね。何か、らしいなあ、と思った次第でした。


そういったアホなところも含めて、一休夫人でいていくれるカミ様に感謝しないといけませんね。

投稿: てつ | 2006/11/08 23:39

ひこさん>
コメントありがとうございます。
春につくばで飛ばれていたのですか?知りませんでした。昨年からかなり続いたんで、是非僕で最後になってほしいですね。

ゆかっちさん>
またまたコメントありがとうございます。
僕が書いている記事はかなり適当なこと書いてますよ。根拠なく書いている部分があるし、話を面白くしようとしているところが結構あります。
でも、コメント書いて下さっている方はどのレベルで書かれているか僕にはわかりません。ですから僕は前に書いたとおり尊重しているんですよ。前のゆかっちさんのコメントの多くは他の方のコメントに対するコメントと受け取りました。というわけで、残しておきますね。

投稿: 一休 | 2006/11/03 22:34

>ブログはあくまでネット遊びの空間

遊び…じゃ、コメント消していいです。
マジになった私が馬鹿でした。

投稿: ゆかっち | 2006/11/03 20:07

体は大丈夫そうですか?
2コ乗りでも帰ってこれるくらいだから大事にはいたって無いようでとりあえずは“ホッ”ですかね。
おいらが4月にツクバで飛んだ時は神様の目の前で吹っ飛びました(爆。もちそっこー赤旗、救急車直行でした^^;さすがに直後はバイクは禁止だといってたな~。

投稿: ひこ | 2006/11/03 13:31

ゆかっちさん>
コメント&ご心配頂きありがとうございます。

僕の場合、ブログはあくまでネット遊びの空間であって、本当のところは本人の胸の内にあることが多いんですよ。

僕自身が自分で何を思い行動するかだけなんだと思っています。なかなか文字面だけでは表現できないこともありますしね。

また、コメント下さった方はそれぞれの何らかの思いを書かれているわけですから。僕はまずはそのコメントを尊重したいと考えています。

何かございましたら、直接連絡下さいね。

投稿: 一休 | 2006/11/03 09:42

>あきれてモノが言えん

ちょ・・・これ、奥様の言動は正論じゃねーの?
てか月末のスキルアップ…ってもてぎだよね(@x@)

先にコメントされた方に軽く反論する形で失礼しますが、バイクに乗り続けることって、そんなに重要なの?一休にとって、もっと重要なことはないの?そのために仮にバイクから離れた時期ができたとしても、重要なことが落ちついた時にまた乗ればいいだけじゃん。これで離れた仲間がいても、また新たな仲間に出会うから。
そのほうがロングレンジで見たら、結果長く乗れると思うのだが…。まわりに心配かけたりしながら乗り続けたって、全然楽しくないだろうし、子供じゃないんだから少しの我慢は無理でもなんともない筈。
あとさ、バイク乗りだからバイクに乗れないと辛い?辛いから闇雲に乗ったところで、危険なだけだし楽しくないでしょ。バイク乗りの責任と義務、考え直した方がいいよ。
今回どの程度の損害かは分からないけど、SMとPL見て極力自分で修理してメンテ覚えるのもアリだと思うよ。(KawasakiのSMって超分かりにくいけど…かんばれ!)

誰も事故を起こしたくて起きたことではないが、ここらで、アクティブセーフティの概念を根本から見直した方がいいと思います。(本来、常に考えるべきことでもありますが…)

ちなみに、ワタクシは通りすがりの煽りじゃないです。念のため…。インターネット上の一個人のブログへのコメントですので、これでも限りなくオブラートに包んでおります。

投稿: ゆかっち | 2006/11/02 14:10

金太郎さん>
ええ、今のところまだまだ乗り続けるつもりではありますよ。
ミカズキさん>
怪我はほとんど無いのが唯一の救いでした。これだけは運が良かったです。
naoyaさん>
月末のスキルアップは断念ですね。ちょっと時間がかかるかも知れませんが、復活したいと思っています。
mapiさん>
ご心配頂きありがとうございます。また一緒に走れるよう頑張ってみます。

投稿: 一休 | 2006/11/02 00:15

身体が無事とは聞いていましたが、精神的につらいですね。
でもバイク乗りだし、バイクに乗らなかったらもっと辛くなるでしょう。
カミ様も心配なのは分かりますけどね。
もうちょっとマイルドなバイクなら良いのかな?

投稿: mapi | 2006/11/01 21:50

大変でしたね・・・
頑張って復活してください(バイクも体も)。
そして、もてぎで一緒に走りましょう!

投稿: naoya | 2006/11/01 20:34

大きな怪我がなさそうで何よりです。

投稿: ミカズキ | 2006/11/01 18:45

あらあら、久しぶりにお伺いしたら大変なことに・・・
バイクという趣味はこういうことで無くなる事がおおいですが・・・・
奥さんには申し訳ないけど、・・・頑張って乗り続けてください。
P.S. 自分の家の引越しとともに、blogも引っ越しました。

投稿: 金太郎@XJR1300 | 2006/11/01 00:38

ninさん>
カミ様もninさんのコメントを読んだのか、少し優しくなりましたよ。

ナコさん>
そうかもしれませんね。心配かけないように、乗り続けたいと思います。

プコさん>
200oversのプコさんでしょうか?ならばご無沙汰しています。
プコさんのお父様の気持ちわかる気がします。ほんとに相手を愛してないと怒れないもんですよね。うちのカミ様もそうなのかな?

投稿: 一休 | 2006/11/01 00:24

二十歳の時のこと。
バイク事故で病院に運ばれました。やってきた親父が病室の入り口にて、『自分の身も守れないのなら降りるか死んでしまえ』と怒鳴りました。
骨盤複雑骨折にて動けない僕は何も言い返せずに。。。
愛情ある言葉は痛いものですね。

投稿: プコ | 2006/10/31 22:56

きっとすごい心配されたんだと思いますよ~。
私も、自分が乗ってる時は考えないけど、相手が乗ってる時は帰ってくるまで不安で心配でしたからね!

投稿: ナコ | 2006/10/31 09:49

あら~っ、遅ればせながら、お体大丈夫ですか?
長野にマシンを置いてきたってことはマシンも結構なダメージだったんですかねぇ?
 
しかし、、、ちょっと辛い一言で・・・(汗

投稿: nin | 2006/10/30 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご心配かけてすいません | トップページ | 今日の合コン »