« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

12R修理完了!

今日、携帯に連絡が入りました。

「バイク完成しました!」

12Rを預けていた長野のバイク屋からでした。事故後ちょうど一ヶ月です。

でもまだまだ、引き取りにはいけないんです。事故の相手方の保険屋さんと僕側の保険屋さんの間でまだ過失割合を調整しているそうなんです。判例通りにいけば、僕の過失割合は小さいらしいのですが、相手側はもう少し大きいと主張しているとのこと。どうも難しいルールがあるようです。

今回、バイク同士の事故ということで、まずは過失割合を決定して、僕の保険屋さんが相手の修理代のうち僕の過失割合分を負担して、相手の保険屋さんが僕の修理代のうち相手の過失割合を負担するっていうルールなんだそうです。

修理代は僕と相手側では圧倒的に僕の方が大きいので、相手の過失割合が大きいと相手保険屋さんは大きな出費となってしまうということもあり、対抗できる理屈を構築しているんでしょうね。

ひとまず、相手の方も僕の方も体に大事なく人身扱いにならなかったのは救いでしけど、なんだか事故の対応はまだまだ長引きそうな気もしますね。でも早くとりに行かないと長野県だと雪のために自走での引き取りは無理になっちゃいます。

早くいい方向で解決しますように!


| | コメント (5)
|

2006/11/28

どっちなのか

仕事をしている時に良く思うことがあります。

「厳しい方がいいのか、優しい方がいいのか」ということです。

チームでプロジェクトを進めるような時に、周りをコーチングしたり、逆にコーチングされたりするような場面が良くあります。その時に、チームとしてプロジェクトの効果を最大限にするにはまわりに対して厳しく当たった方がいいのか優しく当たった方がいいのかってことです。

それと同じ(?)かどうかわかりませんが、今朝テレビで見た最近のいじめなどの学校問題に関するマスコミ取材に近いものを感じました。

マスコミは様々な問題を国民に知らせることが仕事かも知れませんが、事件当事者の立場に立ってみれば、無責任に周りで騒がれるよりも、そっと置いておいたくれた方が解決するのにと思っていることがあるのだろうなと感じたんです。

学校問題ってのは、今一番話題性のあることだし、マスコミが事実を伝えようとするのはわかりますが、学校側も将来のある子供たちに関することだから、いじめた方の子供に配慮した対応にならざるを得ないし、なかなかマスコミ対応が難しくなってしまうってのもわかる気がします。

そういう点から、ちょっと当事者に配慮してマスコミも取材を控えた方がいいんじゃないかなってところが最近の番組にはあるように思いました。それにそもそも学校内だけの問題じゃなくって、家庭とか社会が問題だってのもあると思いますしね。

え~っと何の話でしたっけ?

そうそう、優しく接した方(そっと置いておく方)がいいのか、厳しく接した方(騒ぎ立てる方)がいいのかってことでしたね。一番いいのは当事者にとって一番いい結果を生み出す方だと僕は思っているんですが、なかなか難しい問題です。

えっ。僕はどうなのか?

うわっつらの優しさでしのいでいます。(爆)

| | コメント (2)
|

2006/11/26

レッカー費用

先月の事故の際のレッカー運搬の請求書が届きました。

請求内容
「10月29日 奥滋賀林道より76キロ
 基本料金         10500円
 1キロにつき525円    39900円
 会員割引20%     ▲10080円     合計40320円」

とのことです。確か現場から電話で聞いた時は基本料金を払えば20キロまでは無料と言っていたはず。それでJAFをやめてこっちを頼んだのに。。。

早速電話して交渉したらあっさり、約1万の値引きになりました(嬉)!
納得できないものは簡単に引き下がったらだめですね。交渉してよかったです。

念のために入っておいた盗難保険。その付加サービスのレッカーサービスでしたが、役に立っちゃいましたね(悲)

| | コメント (0)
|

2006/11/25

父親たちの。。。

23日は近くのシネコンにカミ様と映画を見に行っていました。

僕としては、是非とも大笑いできそうな「ナチョ・リブレ」を見たかったのですが、カミ様の意見が問答無用に優先されて「父親たちの星条旗」になってしまいました(笑)。

これはクリントイーストウッド監督の二部作のひとつだそうで、ひとつはアメリカ側からもうひとつは日本側から第二次大戦の硫黄島決戦を映画化したんだそうです。(そんなこと皆さんご存知でしょうが。。)

先日の東京タワーでは大泣きした僕ですが、どうも僕の涙のツボからは外れているようで、全体的な流れとしては、いい作品なのかなって思いましたが、僕としては「すごく良かった」というほどではありませんでした。ただ、ありきたりですが戦争はいやだなって感じれる映画でした。

僕の頭があまり良くないこともありますが、登場人物が大勢いるのと現在と過去が解説なしに入り組んで構成されているんで、最後の方は主要の3人以外はさっぱり人間がわからなくなってしまいました。

内容としては、普通の兵士が軍隊や政府の広報政策に利用されているという点でちょっとプライベートライアンにも似ているかなっとも思いました。

最初の宣伝の時に、映画が全部終わったあとにもう一作の予告編やるって字幕が出たこともあり、最後のテロップが流れている間に誰も席を立とうとしないんです。それだけ見ている人はこの作品を認めて、次の作品も是非見ようと思っているんだぁと感心しました。

お薦め度は ☆☆☆☆ ですかね。


| | コメント (5)
|

2006/11/21

久しぶりに

テレビを見て泣きました。

週末に「東京タワー」ってベストセラーのドラマをやっていて、本は読んでいないんですが、是非とも見たいなぁって一人でテレビの前に横になって見たんです。

僕には故郷とかいえる場所はありませんが、主人公の世代がある程度自分が育った時代と同じってこともあるし、母親への思いとかがダブって、止め処もなく涙が流れてきました。なんか大したストーリーじゃないし、泣かせるのを狙った構成だなってわかっているんですが、泣けてきました。まんまと術中にはまってしまいました(笑)。

ここのところ仕事で泣くことはあっても(爆)、こういうドラマとか映画とかで泣くことがなかったので、まだそういうことに対して流す涙があるんだと自分に感心してしまいました。

そういう年頃ですかね。

| | コメント (2)
|

2006/11/17

メンバー登録

先日、「メンバー登録希望」という名のメールが入っていました。前の部署の同僚からのメールで、なんのことかと開いてみると。。。

「当チームのメンバーで恋人募集中の人がいます。
もし合コンメンバーにお困りの際はお声掛けいただければ良いなあ、と思うのですが。
以下に簡単なプロフィールを書きますので、頭の片隅にでも置いておいてください。
よろしくお願いします。

名前:○×○△
年齢:39才
住まい:埼玉県川越市
容姿:顔は悪くないが、ややメタボリック症候群気味」

先日も合コンをブログネタにしたばかりで、僕が合コン大好きであることは、職場でも有名ですが、こんなメールがくるとはね~。。。

でもねぇ、全く知らない人を合コンに呼ぶなんて、ありえんよな。合コンのセットっていうのは、結構メンバーの人選に気を遣うのですよ。
まぁ、フィーリングカップル5対5でいうところの、1番と5番を必ずそろえるみたいな。。(古っ!)

ふと、一番最後のフレーズが目に留まりました。

「顔は悪くないが、ややメタボリック症候群気味」

どうやら1番としても5番としても活躍を期待できそうです。メンバー登録しておこうっと(爆)

昨日からはかなりレベルの下がった記事になってしまった。。。。

| | コメント (0)
|

2006/11/16

感謝

先週くらいから、仕事がかなり厳しい状況でした。

夏からずっととりくんでいたヤツが、もう首の皮一枚でなんとかつながるか切れるかっていう状態でした。自分でクリアしようとがんばっても逆に予期していないトラブルに巻き込まれて、更にハードルが高くなるような悪循環に陥っていました。

いよいよ今日までにクリアしなければ、終わってしまうという状況なって、もう無理だろうというところでしたが、何とかクリアできました。

それは、自分の力ではなくって、すべて周りの人達の力のお蔭でした。

ほんとにありがたく思って、この気持ちをどこかに記録しておこうと思いました。絶対、その周りの人達がこのブログを見ていることは無いはずですが、

「本当にありがとうございます。まだまだ、厳しい状態は続いていますが、ご協力を無にしないようがんばります!」

あと、神さまはいるんだなって思いました。

| | コメント (2)
|

2006/11/13

覚え書き

勝ち取りたいものを示したうえで臨んでも勝ち目無し。
こちらに勝ち目無しの時の交渉を要検討

| | コメント (2)
|

2006/11/12

FASTER

土曜日は珍しく、一度も家の外に出ないで過ごしました。それでたまたまテレビで映画「FASTER」をやっていて、ぼーっと見ていました。

Fastermovie


CS放送ってのはまだまだ、適当というか、なんというか、なんと同じ映画を時間を続けて二回も放送しているんですよ。いや~手を抜いています(笑)。

で、重要な中身ですけど、いろんなMOTOGP関係者にインタビューしたのを約二時間にわたって、つなぎ合わせたってな内容で、ちょっと飽きますが、全体を通して、バックグラウンドに流れる何かは感じ取れた気がします。

MOTOGPのリザルトだけでは伝わってこない、ヒューマンドラマみたいなものを感じれました。

一番感じたのは、楽しむってことが重要ってことですね。ロッシとビアッジ、レイニーとシュワンツのキャラクターの違いをあげて、楽しめたロッシ、シュワンツが結局勝者になったってのが印象的でした。

あと、「事故はいつおきるかわからない」ってこと。ほとんどのレーサーは、公道は危なくってバイクに乗らないってなインタビューが一番最後に出てくるんですが、それがやらせなのか、事実なのかはわかりませんが、印象的でした。

あんまり面白さをうまく伝えられないんですが、MOTOGPに興味がある人で見ていない人は是非ともお薦めです。

| | コメント (6)
|

2006/11/11

12R経過報告

皆さんに大変ご心配かけました事故について、12Rの状況を報告しておきます。

ほぼ治っているようですが、バックオーダーとなっている部品があるそうで、それが届けば完了だそうです。

交換となってのは。カウル、Fフォークチューブ(右)、ラジエータ、Fディスク(右)、Fキャリパー(右)、Fホイール
その他。という状況です。フロント右側をやっちゃったってな状況です。

衝突の瞬間までブレーキをかけ続けたのと、自分がバイクの下敷きになって直接は地面に倒さなかったんで、これでもダメージは少なく済んだと思います。こりゃーコレを機会にフロントキャリパーnissin導入か!とノー天気なことを思ってしまいましたが、キチンともとの状態に戻そうと思いなおしました。

今回12Rに乗って初めての転倒で、傷ついた12Rをみて、「ごめんよ12R」って本当に思いました。バイク屋から、修理の状況の連絡が入るたびに「致命的な傷がある」という連絡ではないかと不安でした。まだ、直して乗ってみないことにはなんとも言えませんが、たぶん元に近い状態に戻れるのではないかと思え始めています。

事故後、バイク屋に12Rを預けたときに強く店員に言ったんです。「これは'00の12R。300超えれるのはコレが最後。乗り換えじゃダメなんです」と。買った時はそれほど思い入れがあって買ったわけじゃないし、所詮は機械、いつかは売ることになると思いますが、12Rはどんどん僕の心の中に入りこんできています。

自分の人生の中で、今バイクに乗り続けた方がいいのかどうかという問題はまだまだあります。修理代という大きな問題も立ちはだかったいます。でも、今はとにかくこの12Rを直してガレージまでもって帰って、保管してやろうと思っています。

| | コメント (3)
|

2006/11/10

アメリカ的

今日、職場の人から予期せぬことばを言われました。

「一休さんって、アメリカ人みたい。」

いくら僕が目が青くて、英語がペラペラだからって(←うそ)、アメリカ人っていう言い方は無いだろうと最初は思いましたが、よくよく話を聞いてみると、要は「発言が直接的でストレートにモノを言う。」ってことらしいです。周囲の他の人も、その意見に結構同意していました。

最初に言った本人は、かなり差し障りの無い言い方に置き換えて「ストレートにモノを言う」と言ったのかなって思いますが、きっとその奥には「周りに配慮なく、自己中心的にずけずけモノを言う。」ってな意味あいが含まれているんだろうなぁと思いました。

ブログにおいては、文章になることを踏まえて、結構控えめに書いているつもりなんですが、どうも、上記の点以外にも、僕の価値観ってのは世間ずれしているらしくって、少し前の記事でてつさんにも指摘を受けてしまいました。

でも、問題点って本人が「あっ、そうか!」って気が付かないと改善されないんですよね。そういう意味じゃ、今のところまったく問題点を感じてません。

まだまだ、周囲の皆さんにはご迷惑をかけてしまいそうです。お許し下さい。

| | コメント (5)
|

2006/11/07

日経平均(その後)

ずっと前に

「ニッキーヘイデン」はきっと今年はやってくれるって記事にしました。(5月3日記事参照)

先週はツーだの事故だのでMotoGP最終戦を見逃してたのですが、なんとシリーズチャンピオンをゲットしていたのですね~。

どうだ!僕の予想どおり!

ひとつ前のレースでロッシに逆転されてどうなることかとハラハラしていましたが、やってくれました。

一時は落ち込んでも、まだまだ上昇中ですね、「ニッキーヘイデン」も「日経平均」も。

ようは「ニッキーヘイデン」と「日経平均」が似ていると言いたいだけなのです(笑)

20061028_061

写真は既に廃版となった旧ニッキーヘイデンレプリカメット

| | コメント (4)
|

2006/11/06

さりげなく

三連休の初日、カミ様と久しぶりにドライブに出かけました。場所は谷川岳天神平です。かなり前にここを訪れて、その時の紅葉の美しさに感動したんで、是非ともそれを見せてあげようと思ったのです。

20061103_001


結果的には紅葉はもう終わりかけていて、前にみた感動的な紅葉は見ることができませんでしたが、カミ様的には大満足のようでした。(あ~良かった。ポイントアップ(笑))

帰りの高速のSAで偶然にもバイク仲間に会いました。ちょっと話をして、別れ際に「優しく抜いて行ってくれよ」って冗談ぽく彼に話しました。

先に出た僕はルームミラーをちらちら見つつ、猛烈な勢いで迫ってくるハイビームがそのうちにくるだろうと思っていました。が、なかなかやってきませんでした。かなり走ったあとに追い越し車線を車の流れに乗って通過していく彼を確認しました。

あ~。これも有だなって思いました。決して見せ付ける速さじゃなくって状況を判断したさりげない速さ。大人の走りってこうだなって思いました。

先週の事故の時、僕は速く走りたい、速く走れるという気持ちが慢心となっていたように思います。これまでの事故経験と同じように。

昔に比べれば、随分と自分の気持ちを制御できるようになってきていると思いますが、時折現れる慢心にまだまだ進歩していない自分自身を再確認しました。

修行が足りませんね。

| | コメント (4)
|

2006/11/04

妙高ツーリング


先週の妙高ツーリングをホームページにアップしました。

| | コメント (5)
|

2006/11/02

今日の合コン

今日の合コン

久々の合コンです。

知合いからの開催要請をうけて、会社の若い人を集めて早速セッティングしました。

最初のうちは皆さん、堅い感じでしたが、僕のオヤジネタの連発で少しは和んでくれたようでした。

合コンコーディネーター(笑)としては任務を果たしたかなと思います。


12Rの事故もあったので、気晴らしにはなりましたが、支払いの時に思いましたよ。

「飲み会にお金使うんだったら12Rのために貯金するんだった。」って(爆)


| | コメント (4)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »