« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

ありがとうございます!

今年もあとちょっとおしまいです。
月並みですが、このブログを見ていただいた皆様、本当にありがとうございます。
拙いブログですが、皆さんから頂いたコメントやカウンターの伸びが自分の私生活の励みになりました。
10月に事故った際には、励ましを頂いたりして本当に感謝です。

この冬はプライベートで忙しくって例年通りにスキーなどには行け無そうですが、また事あるごとに記事をアップしていきますのでよろしくお願いします。

皆様に素晴らしい2007年が訪れますように!


Hi350028
写真はほとんど関係ありません(笑)

| | コメント (4)
|

2006/12/29

年末メモ

墓参り
タイヤ交換
年賀状
パッド交換
ストーリー検討
発信方法検討

車検調査

| | コメント (0)
|

2006/12/28

プロジェクト

大晦日までにはまだ数日ありますが、今日年末の仕事のヤマが終わりました。ヤマと言っても会社の中の打ち合わせなんですけどね。

打ち合わせで思うのは、大きなプロジェクトを動かす時ってのは、そのプロジェクトに対して狂信的な思いがないと動かないなってことです。皆が打ち合わせて、知恵を出し合っても、そのプロジェクトに対して強い思いをもっていないと事は動かないってことです。まぁ当たり前のことなんですが。

もういい年なんで、これまでもたくさんのプロジェクトに関係してきましたが、自分の中でいつもそのプロジェクトに対して100%だったかなってふと思う時があります。まだ、まだできたなって後から思う時があります。

新しいプロジェクト

今度は100%でいけるのかな。いや行こう!行くぞ!行け~!
来年に向けての心意気を記録しておきます。(さて、いつまで続くのだろう)


| | コメント (2)
|

2006/12/23

クリパ

クリパ

ご近所の隊長さん一家とクリスマスパーティーです。隊長氏のお宅にお邪魔してのホームパーティーです。

先日の妙高ツーリングでは、隊長さんも僕も連日で事故ってしまった間柄です。
両方のカミ様(家族)も同席でのこのパーティーは、隊長さんにとっても、僕にとっても相手のカミ様は今回の事故をどのように考えているのかがわかる、微妙な会なわけです。

隊長さんは、ZZR1100を修理して売却し、ZZR1400を購入という方向へ意見を誘導しようとしているようで(笑)、
会話中に何度か、その振りがありました。

その気持ちを読んで、僕も一生懸命、隊長氏のカミ様に、ZZR1400がどれほど素晴らしいバイクなのかを聞こえるように話すと言ったシーンがあったりしました。

涙ぐましい努力ですね~。

さて、我が家は?

ひとまず12Rは直って帰ってきましたが、当分『バイクやめちゃえば?攻撃』は続きそうです。

| | コメント (2)
|

長野新幹線

スキー客

スキー客ばっかですよ。
こんな中でヘルメットもって歩いているのは僕だけでした(笑)

Hi350408

今日、長野新幹線に乗って、バイクを引き取りに行ってきました。初めて乗りましたが、快適ですね。1時間ちょっとで長野までいけるなんて、便利になりました。

Hi350423

今回お世話になった、モトロマンさん。

事故ったときに12Rクラブのリターンさんに調べてもらったところ、なんと長野市内にはKawasaki正規代理店が3軒しかないそうなんです。その中のひとつです。

久しぶりの12Rはすっかりきれいになっていました。サイレンサーが新品になったんで、音は控えめになって、低速のツキがよくなったような気がしました。また、片側だけですが、ディスクとキャリパも交換だったので、ブレーキの効きもかなり良くなった気がします。それと、修理と併せて、フロントフォークオイルも交換して頂きました。しかも、良心的な工賃で対応して頂き感謝です。

恐る恐る走りだしましたが、帰りの高速が怖いこと怖いこと、バイクに慣れていないってのもありますし、長野辺りは雪こそありませんが、トンネル内は早朝だと凍っていそうな感じでした。それと中央道って、諏訪~韮崎あたりまで結構路面が荒れているってすごく実感できました。

まだ、最終解決には至ってませんが、ひとまず年内にバイクを引き取りに行けてよかったです。
さて、これから細かいところが大丈夫か、徐々に自分でチェックしていくつもりです。

Hi350426

帰りの談合坂。バイクは自分以外無し。いるわけないか。。。

| | コメント (6)
|

2006/12/18

野呂さん

昨日、先週、先々週と仕事で休めなかったので、今日は久しぶりの休日でした。
が、昼ごろに携帯に電話があって、病院をはしごすることになりました。

ここのところ、世間を沸かしている?「ノロウィルス」と推定される病状で身内の者が入院してしまい、お見舞いに行ってきました。そして、別の身内も同様の病状で近くの病院に入院中とのことで、そちらにもはしごしてきました。

どちらも、今朝まではひどかったようですが、僕が行った午後にはやや安定しているようでした。しかし年配なんで、まだまだ安心はできませんが。

ノロウィルス

なんがだか間の抜けた名前だなぁ程度にしか思っていませんでしたが、その威力は驚異的のようです。

ご注意下さい。

| | コメント (7)
|

2006/12/14

クリスマスツリー②

マンション建設現場にできたクリスマスツリーです。
最初に見たときはスルメかと思いました。(笑)

Hi350382

| | コメント (3)
|

2006/12/10

女性ライダー

ブログランキングから人様のブログをネットサーフィンしていてふと思うことがあります。

『女性ライダーが増えたなぁ』って。。

もしかすると僕が女性ライダーが書いていると思われるブログを選んで見ているだけという説もありますが。(汗)

最近の女性ライダーにはバイクが本当に好き、バイク命(言い過ぎか)的な方がたっくさんいますね。バイクに関する技術や、知識もその辺の男性ライダーよりはるかに勝っていたりします。しかもパワフル!で大型乗っている人が多いこと。そのパワーに関心させられます。

時代がそういう風になってきたってことなんでしょうね。

自分が免許を取った頃は、女性ライダーって結構珍しくて、かなり目立ってました。なんか最先端で自立しているなって感じがありました。でも、当時、僕の知っている女性ライダーの多くがバイクに乗り始めたきっかけはあこがれの人(もしくは彼氏)の影響ってパターンがほとんどでした。心の奥では男性に依存していたんですね。

実は僕には姉が一人おります。彼女は当時珍しい女性ライダーでした。そして出たばかりのVF400F何ぞに乗っていたりしました。その彼女がバイクに乗り始めたきっかけはあこがれの人のZⅡのケツに乗せてもらったってのがきっかけだったって聞いた記憶があります。

そんな姉に連れられて、当時の一休少年は大黒埠頭(ベイブリッジ建設前)なんぞに連れて行ってもらったりしておりました。
そして『私が載っているよ』って姉から貸してもらったミスターバイク。

今思えば、あれが僕のバイクに乗るきっかけだったんだなぁ。

結局、僕も女性(姉)に依存してバイクに乗り始めたってことを改めて思い出しました。男と女は依存しあっているってことですかね。(笑)

| | コメント (5)
|

2006/12/09

街は。。

街はクリスマスですね。

特に、クリスマスがどうってわけじゃないですが、華やいだ街のムードは好きですね。

年末はクリスマス、大晦日ってまさに一週間にたとえると週末の金曜日、土曜日ってムードがあって、何かわくわくするようなことがおきそうな予感があるのがいいんでしょうね。その楽しみの前の仕事の忙しさってのも、いいのかもしれないですね。

街のイルミネーションや、普通の住宅のイルミネーションも一般的になってきて、日本もほんとに欧米化したなぁなんて感じます。でも、最近は一時のバブルっぽいクリスマスじゃなくってきているんで、イルミネーションってのも若干落ち着き目で、純粋に楽しめます。

Hi350383

写真は忘年会でやってきた赤坂のクリスマスツリーです。田舎の勤務地からはるばる出てきてたまげました(笑)


| | コメント (0)
|

2006/12/08

こんなのあり?

前に今回事故に関する負担割合の話を書きました。
今日、保険屋さんから電話がありました。保険屋さん曰く

「どうも相手は譲っても5:5という考え方で、このままでは膠着状態なんで、第3者機関に調査を依頼したい。」

とのこと。

一体どうなっているの?

最初に担当者から電話があったときは、「一休さんは事故の状況を見ると完全にこちらが被害者です。10:0とはいかないまでも9:1で交渉します。」

だったのが、いまや5:5も風前の灯火のようです。

なかなか世の中うまくいきませんね。まっ全額でないことを祈るしかないのかな。

| | コメント (7)
|

2006/12/02

新宿で

合コン仲間の一人が結婚したということで、その奥様を招いて、仲間内でお祝いをしました。
彼のかつての悪さを奥様に暴露しまくり、会は盛り上がりました。

茨城出身でやや訛りの残る彼の当時の得意ネタは、合コンをとおしてずっとフランス人と言い張り続けることでした。
「僕はフレーベル幼稚園を卒園して、パリ第三小学校出身なんだ」(←意味不明)このフレーズを何度聞いたことか!

そんな会の帰りに新宿の街を歩いていて、街並み自体は数年前とさほど変わっていないのですが、なんか当時のようには馴染めない自分を感じました。

このメンバーと飲み明かしていた頃は、新宿の街に「ドキドキ感」があったのですが、どうもその感覚が薄れているように思うのです。

自分の状況が当時とは異なるというのもあるのでしょうが、街の年齢層から自分がずれてきているというのが原因のような気もします。

「ドキドキする」街ってどんなんだろう。人によってだいぶ違いはあるでしょうけど、なにか「新しいこと、予期せぬこと」が起こりそうな予感を持てる街かもしれないなぁと感じました。

次回の合コンはオヤジでもドキドキできる街で開催しようと強くこころに思いました。(結局そこか!)

2
写真は偽装フランス人と純和風美人の奥様

| | コメント (0)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »