« 新宿で | トップページ | 街は。。 »

2006/12/08

こんなのあり?

前に今回事故に関する負担割合の話を書きました。
今日、保険屋さんから電話がありました。保険屋さん曰く

「どうも相手は譲っても5:5という考え方で、このままでは膠着状態なんで、第3者機関に調査を依頼したい。」

とのこと。

一体どうなっているの?

最初に担当者から電話があったときは、「一休さんは事故の状況を見ると完全にこちらが被害者です。10:0とはいかないまでも9:1で交渉します。」

だったのが、いまや5:5も風前の灯火のようです。

なかなか世の中うまくいきませんね。まっ全額でないことを祈るしかないのかな。

|
|

« 新宿で | トップページ | 街は。。 »

コメント

kyazuponさん>
アドバイスありがとうございます。ですが、、
約1日遅かったです。既に調査ヒアリングは完了してしまいました。後は結果だけですね。いい方向になるように祈ります。

投稿: 一休 | 2006/12/15 23:39

こんばんは。

すみません。ちょっと時間が経過してからのコメントになってしまいます。

えーと…保険屋さんが着地点を模索し始めたようですね。この時、焦って相手(事故の当事者)に連絡を取る…なんてのはNGです。気をつけてください。

それと、どちらか一方が「信号停止をしていた」のと同じくらい動いていない限り、割合は3:7とかになってしまいます。速度や状況はあまり関係ないようです。「転倒していた」、あるいは「発進しようとしていた」は、見ようによっては「動いていた(動けた)」と見なされる事も…

恐らく、1:9も微妙かと思われますが、可能な限り正確に状況を伝え(相手よりも、です)、且つそこに根拠があることを立証できるよう動いてみてください。上手く行けば、2:8くらいには戻るかもしれません。

弁護士先生は“確実に”勝利をもぎ取ってくれますが、その分費用は高めです。やはり弁護士特約を付けてない限りは、ジョーカーとして取っておくのがベターです。

投稿: kyazupon | 2006/12/15 22:51

rockさん、ミカズキさん>
なんだか、書いた後に恐縮ですが、うちの保険屋さんが僕のことを被害者って言っているだけで、相手の方には相手の方の主張があると思います。相手も自分が被害者だと思われている微妙な事故ケースなんだと思います。ですので、自分はキチンと自分の主張をして判断を委ねるしかないのだと思います。ご心配頂きありがとうございます。

投稿: 一休 | 2006/12/10 23:56

被害者なのに...めんどうですが主張バッチリしていくしかないですかね~?いい結果になりますように!

投稿: ミカズキ | 2006/12/10 22:53

面倒な相手ですね。
一度、弁護士の無料相談に行ってみるといいですよ。裁判所に問い合わせてみてください。無料なので限度はありますがちゃんと相談にのってくれますよ。 
弁護士入れると話がかなり早くなります。 費用もそれ程かかりません、保険内容に弁護士特約があるなら利用してみてはどうでしょうか。

投稿: rock | 2006/12/10 09:05

toshiさん>
アドバイスありがとうございます。
知り合いの保険屋さんを通して加入したということで、担当者が知り合いってわけじゃないんで、あまりその辺は関係なさそうです。
担当者の方も一生懸命やってくれていると思うので、自分の主張はきちんとして、調査に委ねたいと思っています。

投稿: 一休 | 2006/12/09 12:43

厄介な事になりましたね。知り合いの保険屋さんなら心配ないのでしょうが、5:5は納得出来ないですよね。私は素人ですが、20歳台では数回事故にあったり起したりしてしまいました。で経験した事なんですが、
1、まず相手は転んだ状態で運転操作できない状態で一休さんにぶつかってきた。
2、一休さんは実際よける事出来なかったけど、ぶつかるまでブレーキ等操作しながら、回避処置を取っていた。
という事で相手の運転操作の過失が大きくならないでしょうか?現場の道路状況が詳しく解らないので変な事言っていたら悪いのですが…
5:5って言うのは両者が動いていて両方の過失が同じだからだと思うのですが…
私はこういうケースの場合、事故直後に相手と話して何が原因か、相手に過失があれば一筆欠かすなりをします。それを持って保険屋さんに交渉をお願いします。いけない事ですかね?
1と2の事を保険屋さんに押しても変わらないのでしょうか?健闘を祈ります。本当事故って後味悪いですよね。今後も気をつけてください。

投稿: toshi | 2006/12/09 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新宿で | トップページ | 街は。。 »