« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

ちょっと走りに。。(オイル交換メモ)

12Rクラブの方がツーリングに行かれるというので『お見送り』に行ってきました。

『お見送り』ってのは、都合で丸一日のツーリング参加ができないけど、少しだけでもバイクで走りたいって方が集合場所まできて、メンバーと顔だけあわせて、そのまま帰っちゃうってことです。

集合場所のパーキングエリアには、最初、言い出しの方と僕の2人だけ。これで僕が帰っちゃうのは申し訳ないなぁって思っていたら、他にも2名ほど来てくれて、しばらく楽しいひと時でした。

高速走行は約5ヶ月ぶりですが、前に中央道で感じた、路面の荒れを拾うってのが今回はあんまり感じなくって、やはり道が違うと随分と違うなぁって感じました。

高速(と言ってもそんなにスピードは出していません)での挙動を確かめるように、ニーグリップと足のホールドをしなおして、やや背中と腕に余裕を持たせて、アクセルを開けてみました。

不安な挙動もなく、狙ったラインに進んでいく12Rはまたしても僕をワクワクをさせてくれました。

往復で200キロ弱の走行でしたけど、連休のわりには道は空いていて気持ちよく走ることができました。

Hi350518_1


メモ 
オイル(10w-40)&フィルター  フラッシング 
エアフィルター 
19250mi 

| | コメント (4)
|

2007/04/28

シーズン後

シーズン後
シーズン後のスキー場に来ました。人が居なくて寂れた感じが落ち着けて心が休まります。

山間に落ちる夕日を見ながら、柄にもなく日本の自然は素晴らしいなぁとしみじみ感じました。

| | コメント (0)
|

2007/04/27

鬼門

毎年、志賀・妙高方面に一年に一度ツーリングに行っています。

コースは大体、軽井沢、草津白根方面を通って志賀に抜けるルートです。気持ちとしては、そのまま奥志賀を野沢温泉まで抜けて、妙高に行きたいと思っていますが、いつも志賀の周辺でトラブルが発生して奥志賀には行けずじまいです。

2年前は志賀で事故った人を助けていたら、雪に降られてそのまま信州中野方面へ下山して妙高へ、
昨年は、仲間が二度上峠で事故って、その事故処理で行けずじまいといったところです。

どうも、奥志賀に行かせまいとする力が働いているようでなりません。

そんな奥志賀林道を、昨年の10月に遂に念願かなって、野沢温泉側から走りました。(友人の事故の翌日です)

そしたら、前にここに書いたとおり、転倒して滑ってきた対向車に巻き込まれて、僕自身がもらい事故という目にあってしまいました。

引き上げのレッカー車の助手席から林道を眺めながら、やっぱり、なにか僕を通させようとしない力が働いているのかなぁってつくづく思いました。

題名に鬼門ってつけたんですが、鬼門を辞書で調べると。

『行くと悪いことに出あう場所』

ってほかに、

『邪悪な鬼が出入りするとして万事に忌み嫌われた艮(うしとら)(北東)の方角。また、その方角にあたる場所。』

とありました。北東方面が鬼門なんですね~。関東からみると奥志賀、妙高方面は北西方面なのになぁ。

行って事故るのはいやですけど、奥志賀・妙高は心休まる素晴らしいところで、何度でも行きたい場所だったりしますし、将来は住んでもいいかなとまで思っています。(C.W..ニコルか!)

さてさて、今年もいよいよ奥志賀林道開通の時期です。今年は行けるのかな?


Okusiga_1

| | コメント (3)
|

2007/04/25

痛い一言

ガレージの前で12Rの洗車をしていると、よくいろんな人に話しかけられます。

先日も50歳くらいのゴールデンレトリバーをつれているおじさんに話しかけられました。

「速そうだね、このバイク、何キロくらいでるの?」バイクを知らない人が最初に聞く質問です(笑)。

 こんなキッカケでちょっとその人と話していると、そのおじさんが生粋の車好きであることがわかってきました。イギリス製のTVRという車に乗っていて、その車の馬力のこととかいろいろと話してくださいました。そのおじさんは高速を走っていて、かっ飛ばすバイクが気になっていたそうです。

そのおじさんがいうには世界で一番速いバイクはHayabusaってことだった。12R乗りには痛い一言でした。

 無念。

3585502275_1

写真は小惑星探査機ハヤブサ  こいつぁ速いぜ!

| | コメント (3)
|

2007/04/23

男の勲章

体に残る傷って、男の子にとって勲章だったりするところがあります。

仲間うちで飲んだ時とかに「この傷は○○した時の傷なんだ」とか自慢しあうんですよね。自分がいかに男らしくてやんちゃなことをしてきたかを自慢するんです。
洒落にならない(思い出したくもない)事故の傷跡とかもありますが、終わってしまえば笑って語れる傷が多いのではないかと思います。

ところで、実のところ僕には自慢できる傷がほとんどないのです。

これまで、「骨折経験」と「切って縫った」経験が全くないのです。唯一体にメスを入れたことがあるのはモノモライの切除手術くらいです。

ということもあり、さっきのような飲みの席では僕がいかに弱虫で、冒険をしなかったといつも馬鹿にされるしだいです。

その僕にも遂に転機がきました。近所の胃腸科で、「盲腸判定」を受けたのです。まずは、薬で散らして様子を見るそうですが、それで治らなければいよいよ、手術です。

これで僕にも遂に「男の勲章」です!

たかが盲腸じゃんって意見は受け付けません(笑)。傷が残ればこれから飲み会のたびに自慢したいと思います

そういえば、映画「ジョーズ」で、主人公のロイシェーダーが、傷跡自慢のシーンで盲腸跡を恥ずかしくて出せないってシーンがあったような気がする。。。。(涙)


写真は「男の勲章」嶋大輔兄貴の最近の曲「大人の勲章」本文と関係なし
3318739788

| | コメント (6)
|

2007/04/22

工具

ちょっと前の話です。

フロントのキャリパーを外そうと安物のラチェットを使って、ボルトの頭をなめしかけたことがあります。何度か再挑戦するも、ますます深みにはまりそうなんで、恥を忍んでバイク屋に持っていきました。

すると、バイク屋のにいちゃんはいとも容易くするするっとボルトを外してしまいました。

その時にその兄さんが使っていたのはスナップオンの工具でした。

兄さん曰く「工具はいいのを使った方がいいよ!スナップオンは高いから、KTCで必要なミリ数だけそろえれば安く済むよ」とのアドバイスを受けました。

余談ですけど僕はその時に初めて、ボックス部分を付け替えるラチェット型のレンチを発明したのはスナップオンで、スナップオンは「付け替える」って意味だということを知りました。(かなり感心した事件でした)

その後KTCでボックス部分だけを揃えて使っていますが、前の安物に比べて驚くほど確実にボルトが回ります。

前の中国製バッテリーの件といい、僕は安物で済ますタイプの人間なんですが、スナップオンではなくってKTCでさえもこんなにいいものだったなんて、いいものには高い値段がつくし、要所要所にはいいものを使った方がいいなぁって反省しました。

それにしてもKTCって『京都機械工具』って会社なんですね~。名前が普通すぎて少しがっかりした瞬間でした(笑)
Top_nktc

| | コメント (4)
|

2007/04/21

変化

先週僕が風邪でダウンしましたが、今週はカミ様がダウンです。そんな状態なもんで、家でぷらぷらしながら漫画「キリン」を久しぶりに読んでみました。ポルシェとカタナが対決する最初の部分です。

 最初にこの漫画を読んでからもう20年が経ちます。初めて読んだ時は確か20歳だったと思います。当時は38歳の主人公の考えることなんて想像もつかないで、同じカタナにたまたま乗っているということで読んでいて、深い意味も考えずにバイク哲学的な何かにあこがれているだけでした。

 あんまりバイク哲学を議論するつもりはありませんが、自分自身が38歳をとうに越えてしまった今、主人公の考えのある部分は実感を持ってわかるようになりました。

 主人公に言わせると、僕はもう「向こう側」にわたりきった人種だと思います。10代の時にあった憤りというものをとっくに忘れていますし、あまり怒ることがなくなりました。

 ただ、彼が言っているターニングポイントということに関しては非常に実感を持って感じるようになりました。もう若くはない。いままでと同じ価値観じゃなくって、新たな価値観に向けた方向転換を図る。

 なんかそんな気持ちがよくわかります。まだまだわかりたくないって気持ちもありますけどね。

同じものを読んでも、その時々の自分の気持ちの持ち方で受け取り方が変わってくる。自分は間違いなく変化しているんだなぁって感じました。

Kirin2

| | コメント (2)
|

2007/04/18

久しぶりの友人

最近、昔の知合いと関連することがなぜか多いです。

①10年以上前の職場の同僚(合コン仲間)が、2人も今の会社に入ってきた。
②同じく10年以上前の職場の同僚(合コン仲間)と、全く関係の無い場所で偶然あった。
③5年前の職場の人達と、飲み会をセットすることになった。
④昨年までの職場のメンバーと先日飲んだ。
⑤3年前の同僚と今度飲みに行くことになった。

ってな具合です。

昔の知合いとどうこうというよりも飲み(合コン)に行くのが多いだけだという意見は受け付けません(笑)

自分の気持ちが乗っていない時だと、久しぶりの友達を街中で偶然見つけても、声をかけずじまいで終わってしまう時もあるのですが、偶然会った時に、こちらから声をかけて覚えていてくれるとやっぱり嬉しいですよね。久しぶりに会った友人には、何かの巡りあわせだと思って、『やぁ!』って明るく声を掛けれるようにいつもありたいなぁと思う今日この頃です。

そういや最近合コンやってないなぁ

| | コメント (5)
|

2007/04/14

風邪をひきました


おとといくらいから、喉は痛いし、頭痛もしています。昨日の朝は声もでないくらいでした。
僕は滅多に風邪をひくことがないのですが、それは『馬鹿は風邪をひかない』って諺があるからなかなって思ってきました。

今回、風邪をひくことができて、『馬鹿じゃないことが証明できた』って非常に嬉しく思っています!

やっぱり馬鹿だな。

| | コメント (2)
|

2007/04/11

滝のおトイレ

僕が通勤に使っている駅には

『滝のおトイレ』

という不思議なトイレが存在しています。そのトイレ周辺に行くと、場内放送で『滝のおトイレです。』と案内しているのです。一体どんなトイレなんだろうと常日頃よりワクワクと想像力を掻き立てられておりました。

滝のように水が流れてくるのか?それとも窓から滝が眺めることができるのか?

ところで、世の中にはいろんなトイレがありますよね~。僕の心に残るトイレベスト3は

①目黒雅叙園のトイレ
 いわゆる結婚式場ですが、トイレに行くのに室内なのに川を渡って行きます。かなり高級感漂うトイレです。

②フジタ本社ビル(代々木)のトイレ
 環境を売りにしている会社ということもあり、室内でありながら森のような(だったと思います)トイレです。(10年前の記憶なので忘れ気味です。)

③多摩川サイクリングコースの公衆トイレ
 男性便器で用を足すときに正面に下を見るような目の落書きがされています。そこに『ショボっ!』って書いてあるんです。そこで用を足すたびに自信をなくします(笑)

以上三つです。

で、『滝のおトイレ』の話ですが、実は今日、その正体がわかりました。

『滝のおトイレ』の正体は実は。。。。。

障害者用に設置された個室の『多機能トイレ』だったのです。

前振り長くてすいませんでした(爆)

| | コメント (4)
|

2007/04/08

気持ちいい~

バイク屋に12Rを引き取りに行ってきました。

バイク屋の前でエンジンをかけると、チョークを引いていてもやや低めのアイドリングで相変わらず唸ったような音でエンジンが動きはじめました。

家までのわずか20キロ弱ですが、約3ヶ月ぶりくらいで12Rに乗りました。

ほとんど市街地内で、バイクの後ろにはバイク屋まで送ってくれたカミ様が運転するクルマがついてくるんで、あんまりアクセルを開けれませんでしたが、ちょっと前方が開けると、セカンドでフル加速してみたり、交差点ではややリーンウィズ気味でまわってみたりと、バイクの機動性を確かめるように走ってみました。

やっぱり気持ちいい~!

低速ってことで、自分に余裕があるってのもありますが、思い通りに動いてくれる12Rはまた僕をドキドキさせてくれました。

さぁ、あとは自分自身がどうやりくりして乗る時間を捻出するかです。

| | コメント (3)
|

結論

皆さんにいろいろコメント頂きました12R不動問題に関しまして、本日バイク屋に運び込まれて、早速電圧などの調査をした結果、原因がわかりました!

『バッテリーの電圧不足』

ということになりました(汗)。バイク屋さん曰く。『今、10.6V出ているけど、大排気量車だとクランクが重いから12V以上出ていないと回らないよ。中国製バッテリーって個体差が激しいんだよね』とのことでした。

僕の記事を見て中国製バッテリーのユーザーになった皆さんには大変申し訳ないですが、ということなんで気をつけて下さいね。特にK茂さんには、バッテリーの原因を当初より指摘されなが。。。(謝)

さっそく日本製のバッテリーに交換されて、僕的にはまさに『安物買いの銭失い』という諺を地でいった結果となってしまいましたが、このままでは引き下がれません。

中国製バッテリーを買った業者にすぐに電話して、ごくごく丁寧に(絶対怒鳴ったりしてません)苦情を申し入れたところ、新品と交換してくれるとのことでした。

既に日本製バッテリーがあるんで、今さら新品と交換されてもなぁ~、なんて思いながらも、まぁ硫酸を入れるまでは、保存が効くんじゃないかななどと、根拠の無い目論見を立ててあっさりと承諾しちゃいました。

『さぁ、次回バッテリーがあがっても、スペアバッテリーがあるぞ!』(ん?それでいいのか)

少しも今回の経験が生かされていない一休でした。

toshiさんはじめ御心配頂いた皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (0)
|

2007/04/07

ダメです

ダメです
早朝からバッテリー外して、リレーやらヒューズやらいろいろ診ましたが、さっぱりわからずでしたよ

| | コメント (2)
|

2007/04/03

東京モーターサイクルショー

日進月歩の二輪業界の今後を考察するべく、東京モーターサイクルショーに行ってきました。

というか、12Rクラブの方のご厚意で招待券を頂けたので、ちゃっかり行ってきました。

生後2ヶ月の子供を抱っこして会場を歩き回っているヤツは僕ぐらいだったでしょうね(汗)

正直な感想を述べると、昨年に見た東京モーターショーと大差を感じませんでした。屋外のイベントもトライアルのショーで昨年と一緒ですし。。

一番感動したのはこんなバイクかな。

20070212_113

| | コメント (4)
|

2007/04/01

見えない力

暖かいですね~

久しぶりにバイクを走らせてやろうと思って、スターターを回すと。。。
エンジンがかかりません。

先日、バッテリーは換えたばかりで、キチンと電流はいっているようですが、スターターモーターが回りません。
結構、本質的なところが逝っている可能性ありです。

折角、久しぶりに乗れると思ったのに、バッテリーを再び設置しなおしてみたりとか、先週と同じ作業の繰り返し。
挙句の果てに結局乗れないなんて。メカおんちの僕は、もうバイク屋に頼る術しかないですね。

僕をバイクに乗せまいとする見えない力を感じました。

負けないぞ!

| | コメント (6)
|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »