« 違和感 | トップページ | 朝練 »

2007/09/08

揺れる気持ち

ちょっと前に愛用のデジカメが壊れてしまったんで、修理に出していました。

でも、修理に出す時にお店の方から『修理代は1万~2万』と釘をさされてしまい、新しいヤツでも買おうかなって思っていました。(なんせ、新品で1万で買ったカメラなんで)

新品コーナーを見てみると、今は200万画素のカメラって携帯くらいしかないんですね~。どんなちっこいカメラも600万画素とかばっかり、僕の使い方からいうとせいぜいL判のスナップ写真程度なんで200万画素を超えるヤツは保存時のメモリーを喰っちゃうだけなんだよな~なんて思っていました。

でも、一方で気持ちは一眼レフに行きつつあったんです。あの重厚感、メカメカしさ、オートフォーカス動きの可愛げなこと。メカオタの僕はすっかり一眼レフの機能美に萌えてしまったのです。

そんな思いの中、修理完了の連絡が入りました。
『ありゃ?』
実はまず見積をもらうことになっていたんで、いきなりの修理完了の連絡は予想外だったんです。

僕:『まだ修理は頼んでいなんですけど』
お店:『無償修理になりました』

電子機器では、これまで某S社のPCとかで、丸ごと交換で○万円の修理代といういやな経験ばかりだったので、ほんとに驚きました。

エライぞ!ファインピクス!フジフィルムばんざ~い!今度買うときも絶対フジフィルムだ!(御礼の宣伝)

と思いつつ、一方で一眼レフに気持ちを奪われていたので、非常に複雑な心境です。
あ~この一眼レフへの思いを抑えられるのだろうか。。。。

あっ、ある意味これがフジフィルムの戦略なのか?

|
|

« 違和感 | トップページ | 朝練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 違和感 | トップページ | 朝練 »