« 今年も | トップページ | 柔らかい走り »

2008/09/28

バイク雑誌

久しぶりにバイク雑誌をじっくりみてみました。最新バイクのカタログ特集でした。

それにしても、最新バイクってすごい! 12Rは180馬力、300キロオーバーが最大の魅力だと思っていましたが、2000年以降は300キロ規制が入っているのに、12Rを簡単に凌駕できる動力性能がカタログ上にはオンパレードでした。

こりゃ敵わないなぁって、感じつつ、速さの概念を漠然と考えていました。

12Rの300キロと、最新バイクでの300キロ。同じ300だとしても意味合いが違うんだろうなって。「絶対速さ」と「相対速さ」というのか分かりませんが、僕が求めているのは多分、後者で、前の自分に比べての速さなのかなって。

そりゃ、周りの仲間に比べて遅いからってのもあるんですけどね。

ってなわけで、旧車となった12Rに乗り続ける屁理屈をこねくり回していました(笑)

|
|

« 今年も | トップページ | 柔らかい走り »

コメント

番頭さん>
どうもです。
バイクの性能は年々向上していく中で、絶対スピードを追求すると、限界が見えちゃいますよね。限定された環境の中で、前よりも速くなることを目指す、相対的速さを追求するってことはある意味、言い訳なんですけど、仕方ないことかもしれないと思いますね。

投稿: 一休 | 2008/09/30 16:04

おばんです!
初めて12Rでふわわ↑を出した時は「意外と簡単」で3年もすると少しだけクルーズも出来るようになりましたが、ふおわ超えるとビビリだしました^^;(って、今はもう出来ません。。。!?)
(ただ、ハマルとクセになる世界ですが。。。^^)

20年前にも200キロ↑出るバイクは幾つかありましたが技術の進歩はスゴイですね。今では300キロって数字は現実的なのですが、やっぱり経験と理性のブレーキは大きいです。

最新のバイクでは相対的に楽に③出るかもしれませんが操るのはあくまでもライダー個人ですからねぇ^^

投稿: 放浪番頭@home | 2008/09/28 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も | トップページ | 柔らかい走り »