« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020/12/27

初滑り

Image0_20201227155101Image1_20201227155101

今シーズンも何とか初すべりに行けました。でもコロナ禍の中、一人で早朝だけのスキーにしました。

暗いうちに家を出て、スキー場到着は8時過ぎ。8時半にオープンで滑り始めました。

リフト券は半日券で、一番長いコースをノンストップで20本滑って終了です。大体2時間半のトレーニングでした。帰り際に、レストランを見てみると、座席がすべてコロナ対応で一人座りでパーテーションが設置されていました。

レストランに入ることなく、トレーニングのみのストイックなスキーでしたけど、車の移動以外、ほぼすべて屋外にいて、目的のトレーニングが終わり次第帰るこういうやり方なら、感染リスクは低いかもしれないなぁと感じました。

 

 

| | コメント (0)

2020/12/23

車検メモ(神奈川陸運支局)

Image0_20201223141101

ZX12R  20年目の車検取れました!
これまで、ユーザー車検は練馬陸運局で通していましたが、今回はなぜか練馬は予約でいっぱいでした。
神奈川陸運局ならば、2日前でも楽勝で予約できる状況で、こちらになりました。
窓口の親切さは練馬の方が良かったかなとはおもいましたが、2年に一度しか会わない、窓口の人の個人的印象ですからあてになりませんね。
神奈川陸運局、一人ではラインを通すのが不安ですと、伝えたら付き添って説明してくださる方が横についてくださいました。
とりあえず安く済んで良かったです。

後は自分用の備忘録です。  33400mi

騒音:94dB  光軸:特段の整備せずに通過。 12Rのスピードセンサーは後輪

重量税:5000円(年式によって異なるとのこと) 検査登録印紙:400円 審査証紙:1300円  自賠責保険:9680円    

合計 16380円

・ヘルメット置き場はなく、ジェットヘルタイプがよい(もしくはヘルメットを後ろシートに固定するネット)。

・荷物はバイクと一緒に移動できるリュックサックタイプがよい。

・朝は8時ころから庁舎内に入れる。

・検査申請書に予約番号を記入するところあり。 定期点検検査簿はなくても大丈夫そう。

| | コメント (0)

2020/12/20

原因不明

Image0_20201220185501

先日のエンジン停止。バイク屋で色々と見てもらったのですが、原因不明でした。
(メモ)
バッテリー点検、系統点検、
バッテリー電圧 当初12.3V→ 充電後12.7V
充電系統 14〜15V(冷間〜暖機時)
ターミナルの緩みなし。

 

| | コメント (0)

お墓参り

Image0_20201220184601

友人のお墓参りに来ました。

 

| | コメント (0)

2020/12/12

車検場で

Image0_20201212192601

ユーザー車検を取ろうと、仕事休んで車検場に来ました。

ところが、まさに車検場の門の前でエンジンがとまってしまいました。
そこから再始動できなくなってしまいました。車検のために昨晩からバッテリー充電していたので、バッテリーが原因では無さそうです。
でもスターターが回らず、しまいにはインパネのランプも全部消えてしまいました。

結局、検査場までレッカー車にきてもらう羽目に、、、、
メカ音痴がバイクをいじるとだめですね~。重症でないことを祈ります。
それにしても、本当に車検場に入らせないように「見えない力」が働いたような感覚で、
何かこのまま進むと悪いことがあって、そこから守ってくれたように感じました。
なんでしょうね。もうバイク降りたほうがいいという暗示なのかなぁ。

| | コメント (2)

2020/12/01

お散歩

Image2_20201201065001Image3_20201201065001

KCBM(カワサキコーヒーブレイクミーティング)に向かう12Rクラブの皆さんを用賀ICで、お見送り。
クラブの皆さんの12Rを見させてもらうと、毎回うっとりですね。改造、オールペイントにお金かかってますよね。ほぼノーマルの自分からすると、ちょっと目の毒。しかもマフラーも爆音仕様のものが多くて、マフラー交換していてもバッフル入れている自分のバイクが本当に情けなく感じちゃいます。
まぁ、其々ということで、、
メンバー何人か集まった中に、懐かしい顔もあって、いい感じの時間でした。

お見送り後、すぐに首都高を降りて、周辺をプラプラして帰宅。銀杏がきれいな通りでパチリ。

日差しの下ではあったかいですが、もう今年も終わりですね。

 

 

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »