« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021/05/26

アマリリス

Image0_20210526075501Image1_20210526075501

 

 花壇に植えてあるアマリリスが咲きました。
植物にそれほど興味あるわけではないのですが、昨年はあまりきれいな咲き方ではなかったので、今年に向けて施肥した結果がこの開花につながっていると思うと感慨深いです。

 

 写真撮っていたら、通りがかりの幼稚園児が「キレイ!」と寄ってきました。

 

素直に嬉しい!(^_−)−☆

| | コメント (0)

2021/05/16

大発生!

一見、綺麗な蝶が飛びまわる綺麗な草原的光景ですね。
でも、これは多分アメリカシロヒトリ!
こんだけ飛んでるのが、卵を産んで孵化したら、この木は葉っぱが食べられて枝だけになっちゃうのでしょうかね。心配です。

| | コメント (0)

2021/05/15

夜の散歩

Image0_20210515233101

梅雨も近く、乗れる時に乗るということで、土曜の夜のお散歩。
気温はちょうど良く、車も少なく、気持ちよく流せました。

| | コメント (0)

2021/05/03

コロナ禍のGW

Image0_20210503154301

コロナ禍のGW。
昨年と違って、みんな外出されてますね。三密を避けて、郊外に出るとか、帰省をしなきゃならないとか、人それぞれ色んな事情があると思います。

 

でもSNS見て思ったんですが、このタイミングで、遠方に出かけたという事をアップしなくても良いのではないかなと。せめて内緒にしておけないものかと。

 

自分のような、信念のない人間だと、「じゃ僕も行こうかな」と思ってしまいます。余計なリスクを誘発しているように思えてくるのです。

 

ま、そこで実際に判断して行動するのは自分なんで、自分自身の問題なんですけどね。

 

GWの緊急事態対応が、最大限に効果を発揮できるよう祈ってます。

| | コメント (0)

2021/05/01

12R バックミラー 可動部プチ修理

Image1_20210501105401

12Rのミラーの可動部が調子がよくないので修理してみました。あまりに、プチ修理なので、ネットでの検索にもひっかからず、「おそらく」的な修理です。

まず、症状ですが、ミラーの可動部が緩くなってきて、高速走行などしているとミラーが勝手に動いてそっぽを向いてしまうという具合です。

最初は単純にミラーの締め付けねじが緩んでいるだけで、増し締めしていれば治っていたのですが、徐々に症状は悪化。ミラーを折りたたんだだけですぐに緩んでしまうという状況になってきました。

そこでミラーのねじを緩めて、ミラーを取り外してみるとミラーを外すのと併せて、4枚のワッシャーが散乱。この4枚のワッシャーがポイントのようです。

Image2_20210501105401

この4枚のワッシャーがどのように留まっていたのかは、実はわからないのですが、ワッシャーは厚いのが2枚(手前)、薄いのが2枚(奥)あります。僕自身の勝手な解釈では、おそらくミラーを挟んで上下に 薄ー厚ー本体ー厚ー薄 あるいは 厚ー薄ー本体ー薄ー厚 と本体を挟んで対称に入っていたのではないかと思っています。というのはこのワッシャーの薄ー厚の間で滑らせてミラーを動かしているのではと考えているからです。

なので、このワッシャーの薄ー厚の間の摩擦係数を下げてやればうまくいくのではないかと考えました。

それで、最初はこのワッシャーの薄ー厚の間に少しだけグリスを塗ってみました。この方法である程度はうまくいったのですけど、徐々にダメになってきました。

それで、ワッシャーそのものを交換してみようというように考えました。家に転がっているパーツを漁ると丁度良い大きさのワッシャーを発見。でそれを組み込んでみました。写真はないのですが、それは塗装されていない銀色のワッシャーでした。すると、ミラーを動かしただけでねじが緩む状況になってしまいました。そこで、滑りをよくするために黒塗装がされているようだと気づき、写真の黒塗装のワッシャーを漁って組み込んでみました。

Image3_20210501105401Image4_20210501105401

なんと、ばっちり動いて、ねじも緩みません。ミラーのホルダー部分も塗装がはがれているので、おそらく、塗装がある部分が一番摩擦係数が低くて、その部分が可動するということになったのではと思います。 というわけで、修理完了で、しばらく様子を見ることにしてみます。

非常にくだらないプチ修理ですけど、自分的には自分の創意工夫で解いた感じで大満足です!

 

 

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »