« ロレックス修理 その2 | トップページ | ロレックス修理 その4 »

2021/06/05

ロレックス修理 その3

Image0_20210605114801


ネット見積を取ったショップが職場に近いこともあり、仕事帰りに行ってみることにしました。
雑居ビルの狭いエレベーターで上がったところにそのショップはありました。入口には『一級時計修理技能士の店』とあります。ぼったくりバーにでも入る気持ちで、勇気を出して入りました。

実物をみてもらって、改めて見積をもらうと、ネット見積と早くもズレが明らかに。

OH              28000
リューズ、チューブ交換 38000
風防   6000〜8000
パッキン 2000
ゼンマイ 6000
歯車2-3枚交換 10000位  計 90000位

となりました。 若干、見積と異なりますが、いい線でしょうか。実際の作業の中で、交換必要な箇所があれば、また値段は加算されると、それで10万位だろうとの事でした。
見積に入ってないベルトはこのタイプのものがもはやなくて、交換すると少し厚めになってしまうそうで、革タイプのベルトへ交換するのを勧められました。規格は19ミリとの事。また、裏蓋も開けてもらって中を見てもらいました。

・手巻きもできる自動巻との事。
・日付が合わせられないと思っていたら、このモデルはそういう仕様だということ。
・中身は比較的キレイ。
・シリアル番号が刻印されていて本物の可能性が高い。
・50年程前の製品
・不思議だったのが、精度は高くて日差1秒程度であるが、磁気を帯びているので、それを直さなければならない。治すと精度は下がるとのことでした。  

なんで精度の下がる修理をするのか、全く意味不明。

でも、知らない事がたくさんわかって、ここで決めちゃおうかなとも思いましたが、10万という費用と、技師の方が取扱いの最中に裏蓋を2回も落として、、どうかなと思いとどまりました。

もうちょっと他の見積も取って比べてみようと思いました。

|

« ロレックス修理 その2 | トップページ | ロレックス修理 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロレックス修理 その2 | トップページ | ロレックス修理 その4 »