2021/07/20

車上荒らし

Image0_20210720210001

時計の修理見積もりを取っているタイミングでこの事件は起きました。
なんとクルマのフロントガラスが割られたのです。修理代は25万円!
時計修理代が吹き飛びました。

 

誰かに恨みを買うことやったかなぁと反省の日々でした。

 

ということもあり、駐車中の監視ができるドライブレコーダーを物色してます。

| | コメント (0)

2021/03/21

ゴルフヴァリアント リコール4(修正)5回目

9f72545d9342489d87315c75e41cc85c

またしてもゴルフのリコール案内が来ました。リアライトのバルブがどうしたこうしたってことらしいのですが、リヤバルブのリコールって数年前に一度あったのです。

ということは、対策品が再リコールってことらしいですね。まぁ、ディーラーに行って、対策作業の間、コーヒー飲んで、展示車でも見ようくらいの気持ちしかないのですけどね。

て、行ってみたら、コロナ禍でもあるのか、お客は私一人。コーヒーもコロナ対策で缶コーヒーでした。少しガッカリしつつも、7年乗ってるクルマを無料で直してもらえてありがたいなって思うようにしました。

少し甘いかな。

| | コメント (0)

2020/10/04

フェアレディ

Image0_20201004220301Image1_20201004220301

日産のショールームでフェアレディの展示をしていました。

432Z ひさーしぶりにみました。赤いやつはプロトタイプ?

Image2_20201004220301Image3_20201004220301

Image4_20201004220301

| | コメント (0)

2020/09/13

ゴルフヴァリアント修理(カップホルダーのシャッター)

ゴルフヴァリアント。徐々に細かいところが壊れてきています。

今回、運転席と助手席の間(センターコンソール?)にあるカップホルダーのシャッターが全開できなくなるという状況になりました。

全閉はできるのですが、開けようとすると写真のところで止まってしまうのです。

ネットで調べると、福岡の方のショップで修理事例が載っていました。このシャッターの裏側にレールを誘導するガイドが接着剤で貼られているのですが、それが取れてしまい、レールを誘導できずにシャッターが引っかかるという事例のようでした。

うちのはそんなんじゃなくって何か挟み込んだんだろうなくらいで、自分で対応しようと思ったのですが、このカバーを取り外すのが結構大変そうです。

YouTubeで取り外して動画を探してみると、実に簡単そうにやっておりました。で、一度挑戦してみたものの、まず工具がありませんでした。

ドライバーが通常のプラスではなくって、6角形の星形のものなんです(6角レンチではない)。それを買いにアストロプロダクツに行って、再度挑戦するも、今度は内張はがしなる工具が必要そう。。。。

で、なんか傷をつけちゃいそうだし、ショップにお願いすることにしました。(根性なしです)

電話で問い合わせてみると、大体このセンターコンソール外しは1時間仕事で、工賃は1万円かかるとのこと。で、もしセンターコンソールを交換となると4万5千円部品代がかかるとのことでした。ディーラーに問い合わせると7-8万かかるのでは?との回答でした。

ということで、今回はディーマークスさんというゴルフを多数取り扱っているショップに行ってきました。

Image0_20200913160101Image1_20200913160101Image2_20200913160101

お願いして大体40分。外したセンターコンソールを見せてもらいました。やはりシャッター裏側のガイドが外れているための不具合でした。
外れたガイドも下に落下して紛失したのもあるので、復旧は無理。自分はシャッター全開で閉まらないように加工してもらいました。
で、工賃はほぼ1万円でした。
作業の間、お店の中の雑誌を読んだりと過ごしましたが、だいぶゴルフのレースで活躍されているようで、写真のとおりトロフィーがたくさん飾ってありました。
オイル交換とか、ちょっとした作業をお願いしたくなるような、お店の人のゴルフ愛が感じられるショップでした。

| | コメント (0)

2020/06/28

ランボルギーニ ミウラ

家の押し入れを整理していたら、むか~しの写真を発見しました。

Jota2

スーパーカーブームのころの写真です。写真の右下には77と書かれているので、多分43年前の写真なんでしょうね。当時の一休少年は、父親からもらった古いカメラで、スーパーカーの写真を撮りまくっていました。

特にランボルギーニミウラは大好きでした。多くの友達の一押しは当然、カウンタックとフェラーリ365、512BBだったんでしょうけど、僕はミウラが気になっていました。しばらくすると、イオタってのがあるよってわかって、それが幻の車でほとんどはイオタレプリカだとかいう情報がわかって、ワクワクしたもんでした。

そんな折に、少し離れた自動車工場でミウラをイオタに改造しているって噂がはいってきて、さっそく自転車を漕いで見に行ったんです。その時の写真が上の写真です。細かくいうと、改造している間(数週間?)何度もその工場に通って、何枚かの写真を撮ったんです。右上の写真はミウラを改造している途中の写真で、黒い車の写真は、完成したイオタレプリカです。

今にして思うと、当時の日本で、ミウラをイオタに改造できる工場って、すごい技術力だったんでしょうね。今もその工場は健在です。

最近は街中でミウラを見ることは全くというほどなくなりましたが、ミウラとかのクラッシックパーツのサポートをランボルギーニが始めたってネットニュースを読んだこともあるんで、また元気に走るミウラを見たいもんです。

新車でランボルギーニミウラが買える!

 

 

 

| | コメント (0)

2019/11/17

スタッドレス検討中

Image0_20191117201401

スキーシーズン近くなったんで物色中です。
取替工賃、廃タイヤこみで37000円とのことでした。ネット購入より安いんで、迷いましたが、まだ今のタイヤのままで行くことにしました。

| | コメント (0)

2019/11/02

ゴルフヴァリアント リコール多分4回目

Image0_20191102164601
9月の初旬に連絡が来て、9月末に予約を入れたら、何と11月2日になってしまいました。 ニュースにもなった、DSGに関連した対象台数13万台のリコールです。内容は写真の通りで、僕にはサッパリわかりませんが、交換の必要があるのか無いのかを判断して、必要に応じて交換とのことでした。(何を?)ウチのは交換となりました。まぁ、買ってから5年乗って、よくわからないけど、故障しそうなところを、無料で治してくれるという事はラッキーと思いましょう!

| | コメント (0)

2019/08/19

ゴルフヴァリアント車検(2回目)

Image1_20190819211301

 

前回と同じ所にお願いしました。費用は込み込みで7万円でした。
〈メモ〉
フロント シャフトにオイル滲み。要観察
タイヤ劣化あり
ブレーキフルード交換
40400キロ

 

写真は車検屋さんに置いてあるスバル

 

 

| | コメント (0)

2019/06/23

ヴァリアントバッテリー交換 その後

Image1_20190623193901

バッテリー交換して、ワーゲンのディーラーで見てもらいました。バッテリー診断機につなぐとかで、費用は6500円かかりました。「かなりエラーが出ていたので、消去しておきました」とのことで、これでやっとバッテリー交換完了しました。

費用は 20000円+6500円=26500円 でした。アダプテーションも自分自身でできるとかなり安いですね。ちなみにディーラーに頼むと4万~5万だそうです。

あと、家の近所にあるゴルフを扱っている専門店ディーマークスというところに聞いてみると、純正バッテリーを取り寄せて交換するのに32000円と言われました。(2018年11月ころの情報)

www.deemark.jp/

各人の価値観ですけど、自分のようなメカ音痴が付け替えて、26000円なら、プロに頼んで32000円の、この選択が一番コストパフォーマンスがよさそうな気がします。

| | コメント (0)

2019/06/20

ゴルフ ヴァリアントバッテリー交換

Image1_20190620225101Image2_20190620225101

ゴルフ7ヴァリアントのバッテリー交換しました。 MOLLというブランドがはいっていましたが、バルタというのに変更。

通販で約2万円でした。

 

DIYでのバッテリー交換をネットで調べると、交換後に運転席のメインパネルにたくさんのエラーが出ると書かれていたので、楽しみにして写真とりました。確かに沢山でましたが、そのうち消えました。

 

バッテリー交換を車側に認識させる必要があるようで、コーディングという作業をしなければならないようです。近々にディーラーに行ってみようと思います。

廃バッテリーは近くのイエローハットで無料で引き取ってくれました。

Image4

 

Image5Image6Image7

 

Imgrc0076613976

| | コメント (0)

より以前の記事一覧